トップページ > トレランことはじめ > 第16回 ついに『第18回日本山岳耐久レース~長谷川恒男CUP』に参戦!!の巻

ながわゆかり トレランことはじめ

2010/10/21

第16回 ついに『第18回日本山岳耐久レース~長谷川恒男CUP』に参戦!!の巻

山もだんだんと色づき、朝晩は冷え込むようになってきました。気持ちよく走れる最高の季節ですね。みなさんお元気に走られていますか?

さてさて!国内最高峰のトレイルランレース、第18回日本山岳耐久レース長谷川恒男CUPに参加してきました! 通称ハセツネCUP。ご存知の方も多いと思いますが、日本最高峰のレースであり、制限時間24時間以内に夜を徹し奥多摩の主要峰全山71.5kmを縦走する過酷なレース。累計標高差は4,832m。今年も全国各地からハセツネに参加するために2,232人が集まりました。

私がハセツネを知ったのはちょうど1年前。トレラン王国でハセツネの応援に行った事からでした。その頃はトレイルランニングを初めて約1ヶ月で、それまで最長15kmしか走った事のない私にとっては信じられない距離。さらには夜を徹して闇の森を走る皆さん姿には大変驚き、言葉にならない思いを抱いたものでした。
あれから1年。私はハセツネを走る事となりました。走れるのか全く分かりません。それじゃあ走ってみなくちゃね☆

DSC03088.JPG
ながわゆかりのザックの中身。これに水が入ると結構重い。
5kgはありそう

DSC_1320.JPG
足首はニューハレXテープのダブル貼り。これなしではもう山は走れない!

DSC_1339.JPG
ニューハレブースでVテープ"鏑木さんスペシャル"貼り!カラーリングも
可愛い♪心配だった膝もばっちし!

004.JPG
スタート前にOSJ2010シリーズポイント第1位の平澤賢市さんと
お話で盛り上がる

DSC_1363.JPG
間瀬さんと記念撮影。トップランナーの記事を読んでからファンに。
いつも笑顔が素敵です♪


【ハセツネに向けての準備】
・ ハセツネまでの出場レースでは序々に距離を伸ばした。それでも最高37kmと約半分の距離。
・ カーボローディング&ウォーターローディング
 炭水化物をいつもよりやや多めにとるようにした。ウォーターローディングは、電解質(ナトリウム)を蓄えるために前日にスポーツドリンクを1.5〜2.0
L摂取した。

【試 走】
膝を痛めたり、風邪をひいたりし予定していた試走があまり出来ず、結局コースの一部を走ったのみで当日を迎える事に。
試走1 武蔵五日市〜日の出山往復 約22km 
トレラン仲間の元気いっぱいのハスミンさん、トレラン王国の「燃えよトレラン」にも登場したバンビさんとナイトランの練習も兼ねて試走。それぞれのペースで走ったために一人きりで走ること大半。夜の森は不安が増幅され結構怖かったが、これが実に良い経験になった。
試走2 都民の森〜三頭山〜御前山〜都民の森 約25km 
都民の森に車を止めて一人試走。月夜見では突然ロードに出たのでびっくり。 御前山以外は大きなピークがなく結構走れる事を知る。

【持ち物】
月夜見の関門とコース中の水場で給水が出来る他、途中補給食などは一切なし。自分の活動エネルギーは全て持っていく必要がある。
・MUSASHI 1.5L
・ 水750ml
・ ジェル20個(ショッツ、パワージェル、SAVAS etc)色々な味で飽きないように。1時間に1個定期的に摂取。
・ VESPA Hyper×4(proの濃縮版、ピーク前に摂取)
・ WASP OKANIC ×2(固形物の一つとして、腹持ちが良いそう)
・ ミニおにぎり×5(ゆかり味、指でOKマークを作ったくらいの大きさ)
・ ミニパワーバー×5(1本を1/5にカットしたもの)
・ エンライテン×1ケース
・ 塩飴×5(気分転換用)
・ 胃薬×3(胃弱なので念のため)
※ミニおにぎり、ミニパワーバーが今回のミソです。VESPAのSさんからのアドバイスで、食べたくなくても、2〜3時間ごとに必ず固形物を摂取し、胃を収縮させない事が大切だそうです。ジェルだけでは胃が収縮してしまい、エネルギーが枯渇していると間違った情報を脳に伝え、うまく吸収されなくなる事もあるそうです。

【装備】
・ヘッドライト GENTOS ヘッドウォーズプロフェッショナル(単3×3)
・ハンドライト GENTOS 閃SG-309(リチウム電池CR123A×1)
 各予備電池
・ 時間管理表(田中正人さんの話を聞き作ってみました)
・ ハセツネ公認MAP
・ ニューハレVテープ 両足首ダブル
・ ニューハレ×テープ 両膝 今回はニューハレブースにてアクタさんによる鏑木さん貼りスペシャル!!!!
・ お守り(富士浅間神社北口本宮の登山守り。これは必携!)

【目標】
1.完走
2.楽しみながらマイペース
3.力を出し切るように

【ハセツネ前】
膝をやや痛めていたのと、風邪をひいてしまった事があったのですが、無理をせずにいつも通り走り、3日前には完全休養に入りました。レース当日が近づきつつも、意外とリラックスをしているな〜と思っていたのですが、なぜか睡眠中はトレイルを走っている夢ばかりをみるように...。生活は無意識化したつもりでしたが頭の中では意識しているようでした。緊張とワクワクが入り交じった気持ちで当日を迎えました。

当日は雨の予報から、次第に青空が広がり、校庭(スタートの五日市中学)に立っているだけでジットリと汗が吹き出します。暑くなりそうな予感。暑さを考慮し水250mlを追加(飲料合計2L+250ml)。装備は減らせそうもなく、ザックはこれまでのレースでは体験した事のない重さに...。

作戦は特にないのですが、最初の渋滞の深刻さを色々な人から聞いていたので、序盤はやや頑張りその後はマイペースで走る事にしました。

DSC_1329_NEW.jpg
いつも元気で素敵な女将さん!まわりの人まで笑顔になってしまう!
御岳山近くで応援してくれているそう!

DSC_1536.JPG
行ってきまーす!

039.JPG
結構まじめな顔でスタート。足の調子をチェック中


【スタート(五日市中学校)〜第1関門(浅間峠)】
5時間21分経過(浅間峠)

13:00一斉にスタートしました。2,000人以上のスタートは結構な迫力です。沿道には応援の方がたくさん。マイペースを忘れないようにも、そのまま周りの流れに乗って走ります。地元全体が一体となり、近所の方も家の前にでて応援してくださいます。トレイルに入ると早速渋滞。進みだせば、皆さん結構なペースで走って行きます。とにかく深刻な渋滞に巻き込まれないようにという思いで走り続けました。途中ではかなりの方が声をかけて下さいました!嬉しいですね〜☆また、以前鎌倉アルプスレースでお会いしたHさんも声をかけてくれ、HさんSさんとは少しの間おしゃべりをしながら走りました。が、ついて行けずに途中でお別れ。実は心拍計は180を超えているような状態で走り続けていました。するとやはりです。足がドロリと重くなり、ガクンと具合が悪くなりました。一気にペースは落ち、ゼーハーいいながら登りました。挙げ句、「おいおい。君はそんな状態でこれから走っていけるのか?」と声をかけられる有様。そんなの私だってわかりません...。
醍醐丸付近に、今回応援にきてくれたバンビさんがっ!一気に嬉しくなります。「バンビさーん!!」「ゆっゆかりさん、大丈夫ですか...? 顔色悪いっすよ...」と心配のお言葉。「全然大丈夫じゃないです...序盤頑張りすぎました〜(涙)」まだ約15km地点です。聞けば暑さのせいでトップ選手も続々ペースダウンに陥っているとか。話を聞きながら少し休み、それから浅間峠を目指し進みました。その後もヨレヨレな私に、ツイッターでお話をしていたトレランマンさんや登走心さんなどが声をかけて下さいました。ありがとうございます!とにかく沢山の方が追い越していき、序盤に頑張った意味はほとんどないようでした(笑)。
三国峠ではトレラン仲間のザンクロウさんとiwakiさん(ことはじめで鎌倉や丹沢の山をご一緒しました)にお会いしました。やはり暑さがこたえたようで、あまり調子が良くないとの事。浅間峠につく少し手前で日が大分落ちて来たので、早めにヘッドライトとハンドライトを装着。途中では雨が降り出し、あっと言う間にスコールのような大雨。トレイルはドロドロチョコレイト状態に...。足はとられ滑るし、登りでは前に進めた足がズリリリと戻ってきます。ですがここまでザンザンと降ってしまうと、雨も泥も楽しくなってきます。
ざわめきが近くなるとやっと浅間峠18:21到着。ここで22km地点。沢山の人が補給をしたり休んだりしています。トイレが混雑していて20分ほど休憩。ここで16歳の最年少出場者の青年と会いました。目標は最年少で完走予定との事!「がんばってね☆」と爽やかにお姉さんを気取って応援したものの、私といえば足はガクガク〜〜足はもう終わっちゃった?どうなっちゃうの??


浅間峠前コースで.jpg
入山峠あたり? まだ始まったばかりなので、元気一杯のはず(写真提供=オールスポーツコミュニティ)

☆☆ここで『ハセツネドラマ』のお知らせ!!☆☆
みなさんお馴染みのオールスポーツさんではハセツネCUP参加者の写真を撮影していますが、
ゼッケン判別不能写真・特設ページ『ハセツネドラマ』を現在展開中です。
あなたのドラマチックな写真がみつかるかも!!
リンク先=オールスポーツコミュニティ
http://allsports.jp/event/00059048.html


【第1関門(浅間峠)門〜第2関門(月夜見)】
10時間32分経過(月夜見)

雨はまだ降っていますが、出発する事にしました。登りは皆さんが足を滑らせた跡だらけ(笑)。ここからはストックが使用できるようで、持っている方はうまく使い登っていきます。手ぶらな私は端の滑らなそうな所を選びながらも、滑りながら登ります。そして不思議な事に足が序々に回復してきました。序盤で使い果たしたと思っていたのは思い込みだったのでしょうか。セカンド筋肉? 休憩で少し回復したのかな? 
三頭山まではひたすら登ります。思っていたよりも続く登りは大変。すっかり暗くなり、聞こえるのは鼓動と吐息だけ。吐息のリズムに合わせ黙々と登りました。息を切らして登っているのにもかかわらず、いつもより心拍が全くあがりません。いつ見ても150以下。よく心拍は一度上がり、その後に落ち着くというあれでしょうか。それにしてもこんな体験はした事がありませんでした。この辺からは、道の脇に座り込んでいる人を見かけるようになります。

22:02 三頭山に到着。この頃には足が元気を取り戻した事と、全長の約半分まで到達した事に一安心。雨もすっかり止みました。ここから月夜見までの下りベースは、試走で走っている事もあり心強く走れます。ドロドロの下りは泥の行くままに足を滑らせ楽しみながらGO!

23:30 第二関門の月夜見第2駐車場到着(42km地点)。未知への距離突入中です。月夜見は給水ポイントでもあります。まだ500ml程残っていたのですが、1L程給水。昼間の暑さのせいで水がこんなに残っている方が珍しいようで、枯渇状態でやっと辿り着いた方も沢山。ハセツネは一切のサポートが禁止されているので、自分の水が余っていても分ける事はできません。またまたここでザンクロウさんとお会いします☆ 調子が出ないようですが顔を見るだけで元気がでます! ゴールで会いましょうね☆ 続く下りはやはり足にこたえますが、ニューハレのテーピングのお陰か痛めている膝は痛みません!


【第2関門(月夜見)〜第3関門(御岳山・長尾平)】
15時間3分経過(長尾平)

もうこの区間では眠っている人、倒れている人が大勢います。起きていそうな方には声をかけながら進みます。足はボワーっと頭もボワーッと。出せる力を出そう。とにかく一歩一歩進もう。ただ無心で淡々と進みます。足は未知への距離が始まっているのにもかかわらず良く動きます。右、左、右、左。次から次へと前へしっかりと出ます。自分自身の足ですが、動いているのは私の知らない足のようでした。足が終わったと思っても全然終わっていない。自分自身の事を実はあまり分かっていないのかもしれない。私は私をもっと知りたい。そんな気持ちがこみ上げてきました。
御前山まで続く登り、前を見上げるとヘッドライトが点々と連なって見えます。性別も年齢も何もわからず、光はただ前を目指して進んでいます。そこにあるのはゴールを目指す強い気持ち。人間はただの光のかたまりに過ぎないのではないか。日常は色々なもので塗り固めているけれど、本当はそんなに違いはないのかもしれない。そんな事を漠然と思いました。空を見上げれば森からのぞく満天の星空。そのきらめきには思わず声が漏れます。小さな小さな私たち。それでもみんな懸命に進むよ。

01:03 御前山到着。右足の内側の筋肉が痛い。「そうだよね。そりゃ痛いよね。だってコレだけ来たんだもんね」。筋肉に聞くと致命的な事ではないから大丈夫との事。了解。気にせず進む事にします。目がやたらシバシバし、疲れたのかな?と何度も目をこすっていたのですが、ヘッド、ハンドライトの電池切れでした。交換をするとスーパークリア☆ 
登りながらヘッドライトで足下を照らしていると、色々な虫が活動しているのがよくわかります。ミミズには好意を持っているので、トレイルに出ている場合は踏まれないよう森の中へ戻します。いつもは静かな君たちの夜の森。今日は少し通らせてくださいね。

02:05 大ダワ到着。気が張っているのか眠くなる事はなく、ここでショッツのワイルドビーンを摂取!そしてこの後から妙なテンションになってしまいます。「さー元気にいこ〜!こんばんは〜!!」と私。前後に多少人はいますが、皆さん基本的には無視(笑)。さらに歌い始めます。
「ある〜日〜森の中〜♪熊さんに〜出会〜った〜」やはり皆さん無視です。それでも歌いながら進むと中には一緒に歌って下さる方も登場☆「熊さんに〜出会った〜らららら〜♪」「ららら」をハーモニーしてくれます! 
またまた、「海〜は広いな〜大きいな〜」と私。「行って〜みたい〜なよその国〜」と後ろの方♪「おおっデュエットですね〜♪」と深夜の森、謎のテンションでひとしきり盛り上がりました(笑)。
そんなこんなですが、この歌は効果絶大で足取り軽く大岳山へ。右足の筋肉は、足を高く上げると痛むという事がガレ場で発覚。右足を上げるたびに女子とは思えぬ声を発しながら登りました。「ムングゥア〜ッハ〜ッ!!」


DSC03125_NEW.jpg
日の出から金比羅尾根に向かう途中の明の明星。毎朝繰り返されている美しい
光の姿には思わず立ち止まる(撮影=ながわ)

DSC03127.JPG
光で空が染まる。ゴールは目前。清々しい空気とゴールになりそう(撮影=ながわ)


【第3関門(御岳山)〜ゴール】
17時間37分37秒フィニッシュ

御岳山関門近くには、女将さんの姿が!(ランナーの間では有名な半蔵門にある「炭や」の女将さん。またの名は丹沢の母!? 詳細はことはじめno.10に)。鈴をシャンシャンと鳴らし、女将のウチワで夜通し応援をされていました。「ゆかりちゃ〜ん!よくここまで来たね〜!もう少しだよ!頑張ってね!」温かい励ましの言葉をかけてくださいます。じんと来ちゃう。この日もどれだけの方がこの女将さんの優しさと笑顔に元気をもらった事か!素敵な方☆

4:40 日の出山到着。ああ。怪我なく無事にここまで来れた。日が昇る1時間前に到着し、目の前にはキラキラと八王子の夜景が広がっていました。日の出も名残りおしいですが、体が冷えないうちに下る事にしました。ここまでしばらく一緒に走ってきたアスペンのお兄さんともここでお別れ。ゴールまでは下るだけ! 最後まで走れるところは出来るだけ走るようにします。
朝日の予感を感じながら...朱と紺に染まる空の色には足をとめてしばし眺めてしまいます。森へ差し込む朝日を浴び、夜のドロドロが洗い流されるような爽快な気持ちに。金比羅尾根を過ぎロードに出ると、ロードの坂が足にきつくペースダウン。皆さんはこの辺りでラストスパート!ビュンビュン勢いに乗って行きます。

DSC_3385.JPG
ゴール!!!無事に帰ってこれました!

ゆかりサムネイル_NEW.jpg
何より嬉しい☆


住宅地のロードに出ると、編集長にバンビさん!あ〜っっ! 顔を見ると思わずほっとしてしまい。とても嬉しく泣きたいような気持ちに。「良く帰ってきたー!大丈夫かー?」。なんて答えたのかは覚えていません。すると、今度はトレラン大先輩のYAMAYAさんが応援に!あああっ!も〜〜〜っ!あ〜っ!!嬉しくてどこにそんな力が残っていたのか力がみなぎり、突然ダッシュ!! そしてそのままゴールへ突入!! 17時間37分37秒!
総合814位/完走1,622名中(女子62位/158名中 30代女子22位/67名中)

無事にゴールできた☆☆☆ 71.5km走ってきたんだ。走れた!嬉しい!ゴールでは皆さんに温かく迎えていただきました。YAMAYAさん(YAMAYA BLOGでおなじみ。今回総合25位と素晴らしい成績、そして原始人チーム5位入賞! おめでとうございます!!)、優しいお姉さん的存在のY子さん、いつも山に誘ってくださるトレラン仲間の短パンじろーさん(小鳥ちゃんパンツがカワイイ♪)、穏やかだけどハートの熱いバンビさん! ありがとうございました☆☆☆

その後も続々とゴールする人たちが続きます。みんな一生懸命に走ってきた!同じ道を走ってきた! それだけで、熱く握手を交わしたいような。もうすっかり仲間になったようなそんな気持ちになってしまいます。普段経験する事の出来ない貴重な体験は、このような機会を作り、準備してくださった多くの大会関係者、スタッフの方々がいるからに他なりません。また様々な場所で応援して下さった皆さん、この自然に豊かな奥多摩の山々、どうもありがとうございました!!

DSC_3461.JPG
田中正人さんから教えて頂いた時間管理表を王国ファミリーの
みんなに見せるの図。これはとても役立った

DSC03128.JPG
ギリギリで作ったのですごく汚いですが、参考までに時間管理表。ちなみ
に私のタイムはCTの0.65位でした

DSC_3478.JPG
完走証と完走Tシャツをもらいました!


【走り終えて】
強烈な体験だったようで、帰りの電車で目を閉じると、どうしてもまぶたに夜のトレイルが映り、寝ようとしてもヘッドライトが連なるトレイルが見えました。走り終えてしまうと、なんだかあっという間です。長かったけれど、短かかったようにも感じます。
全くどうなるか分からない中のスタート。夜を徹して走りった17時間37分という時間は、日々の暮らしでは過ぎ去ってしまうような時間ですが、このハセツネで経験した17時間半は未知への世界へ足を踏み入れた時間。そこでは知らない世界を体験し、出会った事のない自分を発見し、人とのふれ合いがあり、私にとっては、まさにグレートジャーニーでした。そして心も体も良く頑張った。ありがとう。
今年も2,000人以上の方が参加し、それぞれが懸命にゴールを目指した。記録を狙う人、完走を目指す人、ゴールできた人、できなかった人、みんな一生懸命に進んだ。それがとても尊い。

私はまだハセツネに出た事のない方、出てみたいなと考えている方に、間違いなくこの大会をオススメしてしまいます☆ 待っているのは未知の世界。もちろん楽しいだけではないけれど、ハセツネはマジックボックス! 達成感の一言では語れない、それぞれが手にする何かが必ずそこにある! マジックボックスの中身は走ってみてのお楽しみ☆
そして私はもう来年のハセツネの事を考えているとかいないとか...。


DSC_3740.JPG
チーム優勝おめでとうございます!!!私もサポーターを務めるチームモントレイル&マウンテンハードウェアの
山田、奥宮、山室選手(左から)と記念撮影☆皆さんナイスガイ☆


【良かった点】
気負いせずにリラックスして臨めた。
あまり頭が働かず余計な事を考えない事が功を奏したのか、フラットな気持ちが継続できた。
目標を実行できた。
初めての体験、自分の知らない自分を知る事が出来た。
疲れたけれど、とても楽しかった☆

【悪かった点】
序盤突っ込みすぎた。ガクッとくる前に客観的にペースを落とせれば良かった。

【対策】
マイペース。自分のペースをもっと大切に。
体の声に耳を澄ませるように。

【補給食事や装備についての感想】
・ 今回はジェルの他、2〜3時間に1度、ミニおにぎりなどの固形物を食べた事が良かったようで、心配していた胃はめずらしく最後まで快調だった。
・ VESPAは大きめの山を登る手前で摂取する事で、登り後半も比較的淡々と上れた。天然アミノ酸の力か、後半まで思っていたよりも力が残っていた。
・ エンライテンは定期的に摂取。電解質不足で足がつる事はなかったよう。
・ ヘッドライトとハンドライトは光量共に全く問題なかった。登りではハンドライトは必要なかったが下りでは必携。ハンドライトは思うままに照らす事ができるのが便利だった反面、岩場等では持て余した。
・ ニューハレVテープの鏑木サン貼りスペシャルが素晴らしかった。このテーピングによって足がぶれずに真っすぐ出る。私はややX脚で足が内側に入り膝周りのじん帯がねじれていたのだが、足がまっすぐ出る事でねじれによる炎症を起こさず、膝の負担をかなり和らげてくれた。
・ 菅平のトレランクリニックで田中正人さんから教わった「時間管理表」を作ってみた。コース上の通常の登山タイム(CT)を1として、0.5~0.8のタイムを一覧表にしてA4の紙にまとめ、それを目安に走る。目標時間よりも遅れたとしても、次の目標時間に意識をスイッチできる優れもの(自画自賛)で大いに役立つ。

【大会データ】
第18回日本山岳耐久レース(長谷川恒男CUP)
エントリー数/2,503名
出走者/2,232名
完走者/1,622名
完走率72,7%

【パーソナルDATA】
最高心拍数 186bpm
平均心拍数 142bpm
消費カロリー 5,460kcal
距離  71.5km
運動時間 17:37:37

★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆
会場では沢山の人にお会いできました。この1年でトレイルランを
通じて皆さんに会えた事に感謝します。ありがとうございました。
これからもまたご一緒に山を走れるのを楽しみにしています!
★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆★★★★★☆☆☆☆☆


トレランことはじめも1年を迎え、色々な事に挑戦しながら、無事にハセツネを完走する事ができました。最近は、もうことはじめじゃないよ! と読者の皆さんから言われるようになりました。
トレイルランを始めるまでは長い距離を真剣に走った事もなく、山の知識もありませんでした。この1年間で、私は多くのトレイルランナーの皆さんからいろいろなことを学ばせていただきました。山やトレランに誘っていただくだけでなく、時には励まされ、時には叱られ、心身ともに成長する事ができたと思っています。皆さん愉快な方ばかりでちょっとおかしかったりするけれど、尊敬できる素敵な方ばかりです。ありがとうございます! 
すっかり山とトレイルランニングに夢中になった1年。これほどまで走ることになるとは思ってもいなく、まさかこんな距離を走れるようになるとも思っていませんでした。未来の事はわかりませんね。やってみなくちゃ分からない(笑)
「ながわゆかりトレランことはじめ」は今回で終了となります。これまで温かい応援ありがとうございました!


そして、皆さんにご好評いただきましたお陰で、次回からは「トレランことはじめ・シーズン2」へ突入! もう「ことはじめ」ではないかもしれませんが、初心を忘れるべからずという事で「トレランことはじめ」というタイトルを継続します。これからも、大好きな自然の中で皆さんと一緒にトレイルランニングを楽しんで行きたいと思っていますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

★★「トレランことはじめ・シーズン2」は12月の第3水曜日にスタート予定!乞うご期待☆☆

☆ お知らせ☆
トレラン王国では、今回のハセツネDVDを販売予定です!ただ今猛烈制作中!詳細はまたweb上でお知らせいたしますのでお楽しみに!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trailrunning-ohkoku.jp/mt/mt-tb.cgi/19

コメント(36)

ふくたん | 2010年10月21日 08:27

騙されました~!(笑)「ながわさんのレポートもこれで最終回か~」とこの1年間を振り返りながら、一緒に走っているような気持ちになって拝読させて頂きました。たくさんの仲間に激励を受けて走れたのもゆかりさんの人柄ですね!フィニッシュの写真、完走証を持った写真、とっても素敵な笑顔です。私も来年?再来年?必ず挑戦します!またどこかで御一緒するのを楽しみにしています。お疲れ様でした。

わか | 2010年10月21日 09:23

ハセツネお疲れ様でした!
スタート時にご一緒させて頂いたわかです。
初ハセツネで17時間台とは素晴しいですね。
私は、途中から胃の調子が悪く散策モードでゆっくり
ゴールしました。
レース中、途中で止めてしまいたい弱い自分が出てきたり
自分自身を励ます自分がいたり・・・。
私も新たな自分に気づかされました。
でも、今までに味わったことのない達成感でしたね。
これからも様々なトレランのレースでお会いすることと
思いますが、お互いベストを尽くしがんばって行きましょう!
応援しています!!

keisukemasuda | 2010年10月21日 11:52

読みましたよ~。いやしかし本当によく頑張った。感動したよ。

女将 | 2010年10月21日 13:22

おおお~っ、素晴らしいレポだわ~、すっかりプロ並になったね♪
ハセツネ初参加での完走、おめでと~~っ!!!!!
今回、参加者も増え、天候とか足場の悪さも加わり、ここ数年では一番過酷な状況でのレースとなってしまい、リタイア続出の中、よくぞケガもせず無事ゴール出来ましたね。
しかも…、ゴール後朝会場で会った時「楽しかった~♪」と笑顔で言ってるし(笑)
どんどん強くなっているゆかりちゃん、今後も楽しみです。
可愛いからカッコイイに変貌して行きそうだわ~。
そんなゆかりちゃんを応援する事ができて嬉しかったよん♪
これからも機会があれば一緒にお山イベント行きましょうねっ。
お疲れ様でしたっ!!!

じろー | 2010年10月21日 13:51

シーズン2って(笑)
最終回なのかーと、しんみり読んじゃいましたよ!

そして、ハセツネお疲れ様でした!
1年間よく頑張りましたね!
17時間で完走、素晴らしいです!

こちらこそ、また山でご一緒させて下さいな。
よろしくお願いします。

ちなみに、シーズン2の目標は、モン○ランですか?(笑)

gomao | 2010年10月21日 19:01

完走おめでとうございます!!
ホントーーーに楽しい大会ですよね♪
私もすっかりハセツネの魅力にハマりました!
また次回もお会い出来るように、そろそろ練習を再開しなくては(^^)

とても、ためになるレポ☆今後の参考にさせてもらいます!
シーズン2も楽しみにしていますね~♪

ゆーた | 2010年10月21日 21:56

面白い記事ありがとうどざいます。

時間管理票の1,0.8,0.70.6は何ですか???

ひまわりだいすき | 2010年10月21日 22:39

ハセツネ完走おめでとうございます。
凄いですね。また好タイムで。
写真見てもまだまだ余裕ありますね。

レポート読むと伝わってきます。凄い体験で走らないとわかりませんね
、「駆け抜けたその先に必ず見えるものがある」って感じですかね。
羨ましい限りで私も頑張ろうと思いました。
これからもがんばって下さい!
お疲れさまでした!

tomo2010 | 2010年10月22日 12:51

ハセツネことはじめ、素晴らしい成績での完走!本当におめでとうございました!そして、お疲れ様でした!1年前は、トレランの事を右も左も解らなかった訳で、この1年間ステップバイステップで本当に力を付けましたよね。立派!それは自分自身の努力の賜物でもあり、ゆかりさんが言うように多くの方に支えられたからですね!体が強くなったと同時に多くの仲間も出来た素晴らしい1年間でしたね!また、レースを終えるたびにレースレポを読ませて頂きましたが、レースに対しての取り組み、自分に対しての分析、反省点を生かしての次への実行、などなど!本当にアスリートとして、素晴らしい成長を遂げたと思いました。ゆかりさんの成長を見て、改めて1年間で出来る事は無限であり、1日1日、1秒1秒を大切に生きなければいけないなぁ~そう思いました。ゆかりさん、ありがとう!そして、「トレランことはじめ・シーズン2」でのご活躍も大いに楽しみにしておりますっ!!

緊張の迷人 | 2010年10月22日 17:20

 ながわさん、日本山岳耐久レース(以下、ハセツネ)初完走
おめでとうございます。初参戦で完走されるなんて凄いですね。
私が初めてハセツネに出場した時は途中棄権せざるを得ず、
10㎞辺りで高山病症状が出た経験を今でも覚えている程です。
 それ位厳しいハセツネを初参戦初完走されるとは、本当に
輝かしいかぎりです。しかも、今年はかつてない異常気象・前日の
大雨、レース中も雨天・曇天・晴天(高温多湿)のコラボレー
ションという、ハセツネ史上1・2位を争う厳しいコンディション
だった為です。
 ながわさんが苛酷な中でアクシデント無く完走された事、
私は嬉しく思います。改めまして完走おめでとうございます。

追伸:(1)『トレランことはじめ 最終回』という記事を拝見した時、
      真っ先に「まだまだこのコラムを続けてほしいのに~」と
      思ってしまいました。
       第一シーズンが終了して第二シーズンが始まるの
      ですね。安心しました。
    (2)私自身、4月の怪我の影響で今回のハセツネに
       参加出来なかった事、反省しています。
        来年はハセツネ本戦に参加出来るように日々精進
       していきます。

>ふくたんさん
ありがとうございます。多くの人に支えられて無事に完走する事ができました。ふくたんさんからの応援メールも嬉しかったです!ハセツネ、ふくたんさんならきっと走れると勝手に思っています(笑)是非来年チャレンジですね!一応今までのことはじめが終わるという事で最終回とさせていただきましたが、なんだかごめんなさい(笑)また2は新たにスタートです。いつもいつもコメントをいただき、嬉しく読ませていただいていました。感謝しています☆これからもよろしくお願いします☆また大会参加の予定が決まりましたら、お知らせさせてください!

>わかさん
完走おめでとうございます!おつかれさまでした!どうされたかな〜と気になっていました。無事に完走されたようで何よりです!またスタートでお会いできて嬉しかったです!ありがとうございました。。といってもやはりちょっと調子に乗りすぎていたなぁと反省していました。すっかりお誘いしてしまい申し訳なかったです。。。あの日は暑さから胃の調子が悪くなる方が多かったみたいですね。その後、体調は大丈夫ですか。それにしてもハセツネは強烈でしたね〜。私もわかさん応援しております!又ご一緒できるの楽しみにしています。その時はまた一緒にスタートを☆

>keisukemasudaさん
ありがとうございます!そして何よりDMでの応援。走り終えてから知りましたが、ありがとうございました。お気持ちが本当に嬉しかったです。そしてkeisukemasudaさんの応援パワーは間違いなくばっちり私に届いていました!!!また大会などでお会いした時は是非お話したいですね!楽しみにしています☆(志賀高原も出られてたのですね。私も個人的に27kに出てました)

KING | 2010年10月23日 13:53

初ハセツネ、完走おめでとうございます!
IBUKI RCのKINGです。
どこで抜かれていたんだろう・・・速かったですね~
最後の下りで会うまで、後ろにいるものと決めつけていました・・・
失礼いたしました!

シーズン2も頑張ってください!
期待しています!!

>女将さん
ありがとうございます!お陰さまで無事に完走する事ができました。レポート少しは成長できていたら嬉しいです(笑)女将さんの夜通し皆さんを応援する姿にはアツクなってしまいました。お会いできた時は、疲れていたのに一気にテンションがUPしました!女将さんのパワーですね☆第三関門のあそこを通過した千何百人もの方がそうだったと思うと、本当にスゴイ事だなと思います。温かい応援ありがとうございました☆丹沢の母というより第三関門の母と言った方がいいのかもしれませんね(笑)また今度お山ご一緒できるのと、来月お会いできるのを楽しみにしています♪

>じろーさん
ありがとうございます!私はじろーさんにビックリしましたよ!ハセツネ出ちゃって本当に大丈夫なのかな~と。それなのに、ゴールしたら、さっぱりした顔されてゴールにいるし、14時間だなんて?!今でもビックリしてます(笑)ともあれ、無事に完走できて良かったです!おめでとうございます☆アレに近づきましたね☆ゆっくり休んでください。お陰さまでシーズン2です(笑)また新たな目標を掲げなきゃですね。やややや。モン○ランだんなんて!ってあの景色は見てみたいけど。。。(笑)火曜日はとっても残念ですが、次の機会には参加したいです!

>gomaoさん
ありがとうございまーす!gomaoさんもばっちし完走おめでとうございます!!スタート前後でお会いできて嬉しかったです。やー刺激的でしたね。お風呂でお会いした時はまだ頭の中がぐちゃぐちゃでしたよ。太ももの内側の療養中でまだ走れていないのですが、そろそろ走りたいです。gomaoさんはもう次の目標がだいたい決まっているからなぁ。私も考えて、決まったらお知らせします。レポ少しでも参考になればとても嬉しいです!まだまだ試行錯誤中ですが、お役にたてるレポに励みたいと思います。またお会い出来るのを楽しみにしています☆

>ゆーたさん
はじめまして。ありがとうございます☆そういって頂けると嬉しいです。
時間管理表は分かりづらくて、すみません。。。一般的な地図に書いてある登山タイムを1とします。(歩いてかかる目安の時間)そして、その時間に対して50%、60%、70%のタイムがどのくらいかと言う事です。例えば、登山時間が60分と書いてある場合。1=60分 0.5=30分 0.6=36分 0.7=42分。
例えば、13:00出発で次の山頂までのコースタイムが60分の場合は14:00着予定。50%の時間で行ければ13:30着予定。60%だと13:36着予定。70%だと13:42着予定。そんな風に表にしておくと、その時のペースに合わせおよそのゴール時間なども把握できる他、予定していた時間より遅れても、焦ったり、落ち込んだりせずにその次の割合に意識をスイッチする事できます。田中正人さんのお話で聞き、実践したのですが今回のように長距離の場合は特に役に立ちました。よろしかったら是非試してみてください!また不明点な点があればお尋ねください。

>ひまわりだいすきさん
お久しぶりです!ありがとうございます☆充実した気持ちで帰ってこれました。もちろんオンタケも効いてます(笑)あのもーメロメロな経験はやはり一つも無駄じゃないなと実感しました。滋賀からですと少し距離がありますが、是非来年はいかがでしょうか。ひまわりだいすきお兄さんならノープロブレムで完走できると思います(笑)たくましいお父さんってかっこいいですね☆またどこかの大会などでお会いできるのを楽しみにしています!

>tomo2010さん
ありがとうございます。tomoさんも素晴らしいタイムでの完走おめでとうございます☆スタート前にお会いし、ぐっと気持ちを頂きました。煙に…というお話、やーそれは非常に難しい事だと実感しました。帰ってきてからもまだまだ質量がしっかりありました(笑)今回のドロドロにあまり怯まず走れたのは、ご一緒させていただいた雲取山の泥体験がかなり役立っていました!無駄な経験なんてありませんね☆1年間色々な事に挑戦させていただき、わからないながらも振り返ると皆さんに支えられ、ぎゅっと詰まった1年でした。また多くの仲間ができた事に本当に感謝しています。tomoさんアツイレポートや真っすぐなお言葉、姿勢、励みにさせていただいます。いつも温かいメッセージもとても嬉しいです。ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。tomoさんのハセツネレポも楽しみにしていますよ^^また今度お話も聞かせてください!本当は火曜日行きたかったのですが、都合がつかず残念です。。。またの機会お山もお酒も楽しみにしています〜☆happy!!!

>緊張の迷人さん
ありがとうございます。お陰さまで無事に完走する事ができました☆今年は悪コンディションだったようですが、逆にはじめてだった事が、良かったのかもしれません。高山病は体力、年齢などに関係なく、体質だというので辛かったですね。。。いつもことはじめ応援してくださりありがとうございます。とても嬉しいです。ご好評いただき、シーズン2を始めさせていただく事となりました。また大会だけではなく、さらに色々な事にチャレンジし皆様に楽しんでいただけるようなレポート励みたいと思っています!緊張の迷人さんの怪我、良くなるといいですね。また元気になればいつでも走る事が出来ると思いますので、しっかり治して、思いっきり楽しんで山を走れますように☆

>KINGさん
お〜ありがとうございます。またKINGさんも完走おめでとうございます&おつかれさまでした!またお会いできて嬉しかったです!暗闇になってしまうと全く分かりませんでしたね。。。KINGさんの最後のスパートはダイナミックでかっこよかったです!私も気持ちはついて行きたかったけど、全〜然追いつきませんでした。昨年アンケートをお願いしてはじめてお会いした事を懐かしく思い出していました。1年ってあっという間ですね。また半蔵門に行った際にはIBUKIへ行きます☆またご一緒に走れるのを楽しみにしてます!

あしあと | 2010年10月27日 13:46

光明山荘でフミフミしていたあしあとはやみです。
完走おめでとうございます!!森のくまさん(笑)
足のハリが17時間にもおよぶ激走を物語っていましたが、でもそれを上回るステキな体験だったんですね!拝見していてちょっとわくわくしました。
またどこかの大会でお目にかかれることを楽しみにしています!

YAMAYA | 2010年10月27日 14:15

初めてゆかりさんをお見かけしたのが、確か一年前のこの大会だったと記憶しています。ことはじめ区切りのハセツネ挑戦おつかれさまでした!そして完走おめでとうございました!

全行程苦しいのはもちろんなんですが、ゆかりさんのレポを読みながらその後景を想像するとなんだかハセツネもほんわかしちゃいます~
楽しむ勇気って、きっとこういうことなんだなーと。いつも素敵です!あっ「球根を思いっきり植えたい~」フレーズも素敵でした(^^)

シーズン2はどこに向かうのでしょうか?!
これからも挑戦をたのしみにしています!

16歳の最年少出場者の青年 | 2010年10月30日 16:25

お疲れ様でした。
僕も無事、完走することができました。
最年少完走者賞と、おまけに男子10代、3位を取ることができました。
完走おめでとうございます。

>あしあとのはやみさん
ありがとうございます!お風呂上がりのマッサージ、極上でと〜ても気持ちよかったです。ちょうどギュッギュとほぐされ、体がゆるみとても楽になりました。それでも翌日からは筋肉痛やらギコギコだったのであの時にマッサージしていただいてよかったな〜とつくづく思っていました。また代々木店一周年おめでとうございます☆☆フミフミしていただきにお店へ行きたいと思っています。またお会いできるのを楽しみにしています!

>YAMAYAさん
ありがとうございます!ううっ嬉しいです。またYAMAYAさんも完走&原始人チーム入賞おめでとうございました!走ってみるとさらにそのタイムのスゴさを実感しました。一年前は走る事も、山も何もわからず、モソモソしていた中、ファンランに誘っていただいたり、素敵なお仲間にお会いさせていただいたり、新しい世界をぐっと世界が広げていただき、優しく心強くとても感謝しています☆☆☆YAMAYAブログもオモシロ教科書的にたくさん勉強させていただきました。(DMJの方たちは刺激度強ですが、ポジティブな気持ちは見習っています笑)そして苦しい事も含めて楽しいという事が一年を通して分かった気がします。シーズン2の行き先は…今度相談させてください。またこれからもどうぞよろしくお願いします☆お山も是非ご一緒できるのを楽しみにしています!(球根はあれからまた買い足して、植えまくってニマニマと浸ってます)

>16歳最年少出場者の青年さん
最年少完走賞&男子10代3位おめでとうございます!!きっと生涯の中でも忘れ難い思い出になると思います!素晴らしいですね☆おめでとうございます☆レポートを書きながらも、どうだったかなと思っていました。浅間峠でお会いした時はまだまだ元気そうだったのと、完走するんだという気合いを感じた事を記憶しています。私は一応爽やかお姉さん気取ったつもりでしたが、見るからにヨレヨレだったかもしれませんね笑
コメントくださってとても嬉しかったです。また今度山でお会いした時は声かけさせてください☆

SAY | 2010年10月31日 16:22

ハセツネ完走おめでとうございます
僕は御前山で(ボランティア)大会スタッフしてました
来年はランナーとして走りたいと思います

トレいる | 2010年11月 1日 18:10

トレランことはじめの長和さん、はじめまして!
まさに、たむらぱん・マウンテン、人生はマウンテンハイハイ~登ろろろ~ですね。笑
レポ・シーズン2も楽しみにしてます。

>SAYさん
ボランティアおつかれさまでした☆またありがとうございました。本当に沢山の方がボランティアで参加されていて、多くの人の気持ちがあって、毎年ハセツネは開催されているのだととても感じました。御前山前でボランティアの方の声が聞こえた時、ほっと嬉しかったです。来年はランナーとしてまたハセツネを楽しんでください☆応援しています☆

>トレいるさん
はじめまして。ありがとうございます☆たむらぱんのマウンテンんは知らなかったので、You Tubeで聴いてしまいました♪夢中になりたいわ〜わ〜わ〜♪登ろろろ〜♪山は人生感じますよね。山を登るときにこのフレーズは思わず歌っちゃいそうです。のぼろろろろろ〜♪シーズン2もまた楽しくレポートして行きたいと思っていますのでよろしくお願いします☆

としびっち | 2010年11月20日 20:13

おんたけスカイレースのスタート地点で、ちょっとご一緒させていただいたとしびっちです。
チェックするのがすっかり遅くなり、今更何言ってるのって感じですけど、ハセツネ完走、本当におめでとうございます。
レース中は楽しいばかりではなかったと思いますが、ゴールした時の笑顔は最高ですね!
またどこかでご一緒できたらいいなと思いつつ、私もトレランを少しずつ頑張りますので、よろしくお願いします。
「トレランことはじめ・シーズン2」も楽しみにしてます!
頑張ってくださいね。
そうそう、これも今更の報告ですけど、私は9月に「雁坂峠越え秩父往還143km」を何とか完走してきました!

すわっち | 2010年12月 2日 10:15

ながわ様
鎌倉アルプス・トレイルラン大会のボランティアに参加してきました。
天気が良かったため、ランナーをサポートしていると一緒に走りだしたくなり、来年は大会にエントリーするぞ!!と言う気持ちを強く持ちました。

『トレランことはじめ・シーズン2』楽しみにしています。

>としびっちさん
お久しぶりです!ありがとうございます。お気持ち嬉しいです☆おんたけ完走後はハセツネを走れるのか不安もあったのですが、無事に完走できました。帰ってきた~という感じでゴールがとても嬉しかったです。としびっちさん「雁坂峠越え秩父往還143km」完走おめでとうございます!さすがですね~。ワクワクしてるとおっしゃっていたから、きっと走られたんだろうなと思っていました(笑)またお山でお会いできるのを楽しみにしています☆

>すわっちさん
鎌倉アルプスのボランティアおつかれさまでした。私は2回目のレースが鎌倉だったのですが振り返っても走りやすく楽しい大会でした。すわっちさんもいよいよエントリー熱が高まってきた所でいよいよ春にはレースデビューでしょうか(笑)きっと一度出てしまえば、ファンランもレースもそれぞれ楽しめると思います♪♪シーズン2も楽しんでいただけるよう頑張ります☆

コメントを書く

コメント記入欄

ページのトップへ戻る