トップページ > トレランことはじめ > 第19回 新春ダイヤモンド富士を見に行く!の巻

ながわゆかり トレランことはじめ

2011/01/19

第19回 新春ダイヤモンド富士を見に行く!の巻

2011年。今年も楽しくレポートして行きたいと思います。皆さんにとって笑顔の多い一年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願いいたします☆

新たな1年のはじまりです。新春といえば富士山!?夏に何度か登りにいった竜ヶ岳からダイヤモンド富士が見れる事を思い出し、まだ見た事のないダイヤモンド富士を見に行こう!という事になりました。

【ダイヤモンド富士とは】
富士山の頂上部から太陽が昇る瞬間(早朝)と頂上部に隠れる瞬間(夕方)に見る事ができる現象。太陽が輝くダイヤモンドの様に光を放つのでこう呼ばれる。見る事のできる場所、時期は限られていて、いつでも見られるものではない。

【竜ヶ岳】
山梨百名山のひとつ。富士五湖の中の本栖湖の南側に位置する標高1485mの山。山頂からは360度のパノラマで富士山、南アルプス、八ヶ岳、駿河湾を望める。また、朝霧高原トレイルランニングレースのコースの一部でもある。私は昨年の夏3〜4度程登りにいきました。


044.JPG
夜明け前の暗い森を歩く

DSC_6315.JPG
言葉にならない美しいグラデーション。光の不思議

DSC_6321.JPG
森を抜け、中腹の東屋から富士山を望む

076.JPG
だいぶ明るくなってきました。ちょっと頑張って登ります

096.JPG
Q:カメラマンのHさんと思わずしゃがみこんで写真を撮ってい
るのはなんでしょう?

DSC_6375.JPG
A:苔の群生が霜で装飾された美しい姿でした。夏も青々とした苔地帯でオススメ


【5:30竜ヶ岳登山道 登山スタート】
当日の日の出の予定は7:30分頃、コースタイムでは2時間なので5:30には登り始める事にします。腰の怪我がまだ完治していない事もあるので、今回はゆっくりトレッキング。出発地点の竜ヶ岳の麓でも標高が約900mなのでとっても寒〜い。なんとすでに−10℃。真っ暗な中登るのでヘッドライトは必携です。本栖湖キャンプ場近くの登山者用駐車場に車を止め、登山道入り口まで5分ほど歩きます。何度も来ているのですが、暗いと道が分かりにくく「竜ヶ岳登山道」の小さな看板に注意しなくては迷ってしまいそう。キャンプ場内を通りぬければ登山口が現れます。登山道にはまだ雪が残っているので気をつけながら歩きます。歩き出せば意外と体はすぐに暖まり、ちょうど良い温度。キーンと冷えきった空気の中ホフホフ歩くのって気持ちがいい。
「暗い山を歩くのはもう怖くないでしょう」と同行した編集長。確かに暗い山でも全く怖くない事に気がつきます。これはハセツネ効果らしく、あれだけ夜間走行すると経験値がつくそうです。

歩き出して20〜30分もすると柔らかな光をほんのり感じるようになります。1時間ほどで石仏に到着。ここには東屋があり休憩できます。振り返れば富士山がどっかーんとそびえ立っていて、シルエットだけでも十分雄大さを感じます。ここからでもダイヤモンド富士は見れますが、やっぱり山頂から見たいのでしばし休憩して出発。
石仏を過ぎてからは、九十九折りの笹の海が現れ、見通しの良い道が続きます。夏に何度か来た時には、前が見えないほど笹がすごかったのですが、すっかり整備され歩きやすくなっていました。毎年朝霧高原トレイルレース前に大掛かりな草刈りがされるようです。(8月中旬〜下旬頃)
ふと振り返れば美しい夜明け。雲一つない澄みきった空、群青色からオレンジ色のグラデーションに浮かび上がる富士山。美しいと一言で言ってしまいたくないような情景。こうしている間にも光はどんどん変化していきます。
雪を歩く音がとてもいい音。クキュッ、クキュ、クククククッ。音を感じながら歩くと1歩1歩が楽しい!雪に手を伸ばしてぎゅっと握ってみれば、さらさらと手のひらから舞落ちました。

DSC_6355.JPG
西の空に浮かぶ八ヶ岳。なんて幻想的なの

DSC_6362.JPG
富士五湖の中でも本栖湖が一番深く、透明度も高い。碧い湖

110.JPG
影富士。広がるアルプスの山々と影を落とす富士山

DSC_6378.JPG
真っ白な南アルプスがずーっと広がり壮観。右が間ノ岳、左が農鳥岳

竜ヶ岳126.JPG
山頂からは360度色々な山を望む事ができる

DSC_6395.JPG
寒くて山頂を走り回るの図


【7:20 竜ヶ岳山頂到着】
おしゃべりをしながら登っている内に山頂へ到着!広く開けていて360ビュー!日本一の富士山は圧倒的な威厳と優雅さを放ち、反対方向の西側には白く連なる南アルプス、白根三山に甲斐駒ケ岳、八ヶ岳に目を移し阿弥陀岳、赤岳、さらに奥秩父、足和田山に、杓子山などなどぐるりと山を一望できます。
ちなみに元旦はたくさんの人が竜ヶ岳へダイヤモンド富士を見にくるそうですが、今回はダイヤモンド富士を見られる時期を少し過ぎているせいか、山頂には私たちだけ。景色を楽しんでいる内に予想していた7時30分になりましたが、まだ太陽が現れる気配はありません。むむむむ。

それにしても寒い〜!足を止めると一気に寒さを感じます。山頂はビウビウと風が冷たくいっそう寒い〜。分厚いソックスを履いてきたのに、つま先がビリビリし感覚が無くなってきます。ボーッと立っていたら、足先から凍って氷の彫刻になってしまいそう。山頂の温度は約−15℃。編集長が持ってきたペットボトルのカフェオレを飲もうとすると、シャリシャリのシャーベットになっていました。冷凍庫とあまり変わらない(笑)鼻水だって凍ります。寒くて立っていられなく、足踏みをしたり山頂をぐるぐる走りながら、お日様待ち。富士山の左右の肩からは、すでに顔を出している日の光が差し込み、周りの山々はもう太陽に照らされています。

DSC_6417.JPG
富士山の左肩、雲?待ち望む太陽?

DSC_6426.JPG
左右から日が差し込み山麓の山はすでに照らされています

DSC_6439.JPG
おおっ!みんな思わず声をあげました

DSC_6441.JPG
左肩に...

DSC_6449.JPG
あああ!輝く太陽の登場


7時40分、山頂の左になんとなく光るものが!「おっ。おおっ。おおおっ〜!!!」。一斉に声をあげました。きらめく太陽が昇り、四方八方にまばゆい光が届き、まさにダイヤモンド!感動的な瞬間はものの1~2分の出来事でした。そして太陽の光がなんと温かい事。冷えきった体が温かな金色のヴェールで包まれるような心地よさ。凍えそうな体にはあまりに優しく太陽の偉大さを感じずにいられませんでした。

ひと時ダイヤモンド富士を堪能し下山する事にしました。石仏までは富士山を眺めながら下ります。朝日を浴びながらの下山は爽快で、始まったばかりの今日がなんだか嬉しい。
ちょうど山を下りた所で、さらに嬉しいサプライズがありました!野生のリスが!しかも2匹!目の前を走って、木から木に軽快に飛び移る鮮やかな動きにびっくり!10m以上ある木の細い枝から枝に華麗にジャンプ!リス大好き!ちなみに家ではジリスのミンカと暮らしています☆
帰りには、新千円札の裏面の図柄となった景色を見に行く事にしました。キャンプ場からも車で5分程なので、竜ヶ岳の帰りに一度は是非。

竜ヶ岳146.JPG
今回はモントレイルの『サビノトレイルミッドGTX』で
安全に登る事ができました

DSC_6548.JPG
りりりす!!!!発見。木を登るのもなんと速いこと!

DSC_6546.JPG
ミニ松ぼっくり。キャンプ場付近は松ぼっくり天国!『ミンカ』
のお土産とリース作り用にたくさん拾いました

竜ヶ峰164.JPG
本栖湖湖畔には千円札の景色スポットがあります

DSC_6568.JPG
千円札の裏面に描かれている景色と同じ景色です。確認してみてください


新春、目覚めたばかりの澄んだ空気、光り輝く太陽の日差しを浴び、気持ちも一新されるような初トレッキングができました。また夏とは違う山の姿を見る事が出来、夏も冬もそれぞれ美しく素晴らしいですね。山はいつ登っても何かに気づかされる気がします。
来年は竜ヶ岳でダイヤモンド富士、いかがでしょうか?ダイヤモンド富士をまた見れるのは1年後になってしまいますが、夏も濃い豊かな緑で楽しませてくれます。コースタイムは往復3時間30分。トレイルランなら2時間もあれば往復できるのではないでしょうか。私も昨夏トレーニングで登った時には1時間20分程で往復できました(登り45分下り30分)。ちょっと物足りない方は、南西の雨ヶ岳、毛無山まで足を伸ばしてみてもいいかもしれません。
そして帰りは温泉に!本栖湖より車で約20分、富士眺望の湯「ゆらり」へ立ち寄る事ができます☆

【竜ヶ岳メモ】
● 時期:ダイヤモンド富士が見れる時期は12月3日頃〜1月10日頃まで(今回は少し過ぎていたため太陽が山頂左の角から昇りましたが、前述の期間は真ん中から現れるそうです)。紅葉はもちろんの事、7月の中〜下旬頃のヤマボウシの花が咲く頃もオススメ。
● アクセス:車/中央道富士河口湖ICから国道139号経由で約30分
電車/富士急行河口湖駅から本栖湖方面行バス「本栖湖」下車
*正月にはダイヤモンド富士のバスツアーもでているそう。
● 伝説:その1/富士山が噴火した時に溶岩が本栖湖に流れ、湖の主の竜が熱さから逃げ出し小富士に駆け上ったとか。その2/本栖湖の湖底に住む竜が富士山の大爆発を村人に告げ、小富士の山頂に避難した村人達はその小富士を竜ヶ岳と呼び信仰の山になったとか。

【富士眺望の湯 ゆらり】
http://www.fuji-yurari.jp/index.php
〒401-0320 山梨県南都留郡鳴沢村8532-5
tel:0555-85-3126
営業時間:10:00~22:00

minka.jpg
おまけ1
ながわ家のリチャード・ソン・ジリスのミンカちゃん。
性格:やんちゃな甘えっ子。趣味:窓から外の景色を眺める事 好物:米、麦

risu.jpg
おまけ2
森で見たリスを描いてみた

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trailrunning-ohkoku.jp/mt/mt-tb.cgi/22

コメント(10)

とりとど | 2011年1月20日 17:50

ゆかり師匠
いつも素敵なレポート、楽しく拝見させていただいております。イラストも久しぶりですね。
京都はリスにはあいませんが、シカにはよく出くわします。
それと、ツイッターにフォロー返しいただきありがとうございます!(めったにつぶやきませんが)
ちなみにおまけ1のふわふわした生き物は一般的な愛玩動物なのでしょうか?だっことかさせてくれますか?
あれ?トレラン関係なくなってますね(笑

>とりとどさん
こんにちは。ややや。師匠だなんてトンでもないです…。半人間ゆかリスとかそういう感じでしょうか。ありがとうございます☆おお。イラストは大分前の八ヶ岳トレッキング以来だったのですが、良くご存知で!嬉しいです。鹿いいですね!見れると気分がグンとあがりますね☆ツイッターもありがとうございます。ジリスはまだ少し珍しいのかもしれませんが、愛玩動物です。プレーリードックが輸入禁止になってから、見かけるようになったようです。性格には個体差がありますが、甘えてすり寄ってきたり、膝上でなでなでされてうっとりしたり、私はメロメロです。あれ?やっぱりトレランと関係なくなってしまいました笑

ATC Store | 2011年1月21日 19:27

竜ヶ岳から見る幻想的な風景、すてきですね。
ぼくもいつか見てみたいと思います。
いまだに山頂で日の出を見たことがないので。

ちょうど来年は辰年ですよね。
辰=竜、ということで、大賑わい必至かと思われます。

ハセツネでお会いしただけですが、今年もよろしくお願いいたします。

後藤 忠士 | 2011年1月23日 02:20

う、恨めしや~。
ダイヤモンド富士を山の上に見に行くなんて。
そ、そんなこと知ってるなんて・・・恨めしや~(^_^) 
冬は山に行ったことがなかったので、全然思いつかなかったぁ~(-_-;)足下、凍ってますよね?アイゼンとかは要らないんですね。今度、是非狙ってみます。
しかし、球根植えまくるわ、でかいリス飼ってるわ(小さいリスは飼ってました(^_^))山は走るわ、バイクは凄いわで、あなた、ナウシカですか?
流石です。
次回は、いったい何をやらかすやら・・・楽しみにしています。
と言う訳で、恨めしや~この時間を狙ってみました。単に昼寝して眠れなくなっただけなんですが。。。(^_^;)

>ATC Storeさん
お久しぶりです☆ハセツネ会場では色々お話できて楽しかったです。夏にtwitterで竜ヶ岳情報を教えていただいたりしていたので、ATC Storeさんの事を丁度思い出していました。間違いなく竜ヶ岳から一番近いアウトドアショップですね。来年は辰年となるとすごそうです。ブログの田貫湖の講習会拝見しました、まだ行った事がないのですが綺麗な所ですね〜!やっぱり富士山麓はいいな〜笑。今度はお店にも田貫湖にも遊びに行けたらと思います。よろしくお願いします☆

>後藤忠司さん
ひゃ〜恨まないで〜〜☆冬の山を山頂まで登ったのは私もはじめてでした。雪がもっと積もっている場合にはアイゼンが必要らしいのですが、今回は雪もそんなに多くなくNoアイゼンでも問題なく登れました。来年はでは是非☆小さいリス飼っていらしたのですか?!シマリス?おおお。りすって個性たっぷりで可愛いですよね。チップとデールのモデルはこのジリスだったりするようです。やややナウシカにはほど遠いですよ(笑)素敵ですよね〜強くて優しくて私も好きです。次回は山を楽しみながらお勉強?!お楽しみに☆

緊張の迷人 | 2011年1月23日 21:26

 竜ヶ岳登山、面白そうですね。富士山を見渡す事が出来る
だけでなく、苔の群生が霜で装飾された美しい姿も見る事が
出来る、という素敵要素満載ですね。
 私もいつか行ってみたくなりました。

2011年、ながわさんが更なる飛躍をされると嬉しいです。

追伸:
1) 写真のミンカちゃん(リチャード・ソン・ジリス)、可愛い
  ですね。写真のミンカちゃんの姿だけでも癒されます。
2) リスの絵、可愛さと躍動感に溢れていて素敵ですね。
  リスと植物やドングリが一体になって踊っている感じ
  がして、凄く好きです。

ふくたん | 2011年1月27日 00:17

ダイヤモンド富士、素敵ですね。それにしてもなかなか完治しない腰の怪我が心配です。復活を心待ちにしています。私は無事湘南を走りきれました。私も怪我と上手く付き合っていきます。お互いに頑張りましょう♪。リスの絵、なんだか素敵ですね。今度私の絵も描いて下さいな。購入させて頂きます。(笑)

>緊張の迷人さん
開けているので始終富士山が見る事ができます。朝霧高原周辺なので夏は霞みがちですが、冬はきりりと引き締まった空気で富士山がキレイですよ。寒い中登るのも新鮮で良かったです。おっしゃるとおり素敵要素満載☆ミンカちゃんありがとうございます。可愛すぎて大変です(笑)絵もありがとうございます。レポートメモ的に描いてみました。

>ふくたんさん
湘南おつかれさまでした!さっそく覗きにいきました。達成感とともに無事に完走されおめでとうございました!ふくたんさんも腰大丈夫ですか?早く良くなるといいですね。腰は日常生活で使うせいか時間がかかりますね。。。リスの絵ありがとうございます。そうですね。今度はふくたんさんと山を描いてみようかな。山はやっぱり菅平かな〜(笑)

コメントを書く

コメント記入欄

ページのトップへ戻る