トップページ > エダログ > 第26回 治療とリハビリの日々

江田良子 エダログ

2013/07/18

第26回 治療とリハビリの日々

いよいよ夏本番、皆さん体調はいかがですか?
急激な暑さで、ややお疲れかな?

この時期のトレーニングは、「追い込み過ぎない」がポイント☆
疲れを引きづらずに、継続してトレーニングできるよう工夫してみてくださいね。

という私は、前回のエダログでお伝えしたようにまさかの負傷でギプス生活をしていました。
今はギプスが取れて、少しづつ回復しています。
今回のエダログは、その過程のみをお伝えする治療とリハビリの日々のお話です。
とっても地味なのですが、なにかのお役に立てればと・・・

DSC_0265.JPG
5/26にフラッシュバック。激痛と悔しさに思わず涙が


5月26日、レース中にうっかり右足首を捻りまして。
レース後には、さほど痛みはなくただの捻挫かと甘く見ていたら、翌日くるぶしが無い!


翌日.jpg
翌日、ジャンボマックスと化した右足(前回紹介しましたが)

友人の紹介で、スポーツドクターのいる病院へ行くと、「剥離骨折+靭帯損傷=3週間のギプス生活」とのこと。
でも、今の腫れが引けるまでギプスはできないので、とにかく安静にして3日後に巻こう、と。

もうショック。大ショック。 今までの人生で骨を折ったのは、疲労骨折くらい。 
ギプスなんてさあ。 どうなっちゃうの??
しかもここ最近はいいトレーニングができていて、さあこれから!ってとこだったのに・・・

そんな感情が全て顔に出ていたのか、先生が
「いいですか、江田さん。いくらスポーツしていても、回復はみんな同じです。とにかく安静にしましょう」

早く治る方法は?と聞くと
「動かない事です」

もう諦めて、仮のギプスをぐるぐる。 
一つ大事な質問を。

「お酒って飲んでいいんでしょうか?」
先生は呆れ気味でしたが、「ケガに直接関係ないから、適量ならOK」とのこと。

ふう。

で、松葉杖の練習。
松葉杖って疲れるんですね~。 あまりに疲れるので、これ以上自分が重くならないよう決心して帰宅。

その後の3日間は運転できないし、なにも出来ない。ケガをする前に注文していたソファーがタイミング良く
届いたので、1日中ゴロゴロ。
ここで驚いたのが、ものすごく眠い。
そんなに疲れていないつもりでしたが、こうやってなにもしない時間は久しぶりでした。

なので、適量のお酒を飲みつつ足をやや高く上げて、ひたすら寝るというなんとも幸せな時間を過ごしていました。
もちろんおつまみは小魚アーモンドです。

で、3日後に病院へ。
実は周りからは「骨折してるなら、お酒はだめだ!」と言われ続けていまして。
今日もギプスできなかったら、また先延ばしになってしまう。
ドキドキしながら、診察を受けると・・・

「腫れが引けるのが早い!」とお褒めの言葉。
やっほ~い♪

※この骨折と飲酒の関係は、いろいろとあるかと思いますので皆さまご参考までにしてくださいね。

で、晴れて(?)ギプス生活スタート。

ギプスな足.jpg
ここから足の写真が続きます。失礼

「絶対足を着いてはいけませんよ」ということだったので、わが家の新入りソファーにはかなり助けられました。
いつも手をついたり床に座るのが大変なのでついついソファーへ。

先生からは「膝から上は鍛えていいんだよ」と言われていました。
なのでソファーに座って、足を床と並行に延ばして膝上の補強。
ここで知ったのですが、ギプスって結構重いんですね。 
そして腹筋と、臀部の補強。
地味すぎですが、しょうがない。

今まで観たことがなかった"あまちゃん"を楽しみにする生活もいい加減飽きて、足もかゆい。
そんなギプス生活2週間目の診察で、思いがけず外してもらえることに!
とはいえ、かなりゆるくなっていたので巻きなおしってことでしたが、お湯の入った大きなバケツで
足浴もさせてもらえて、もう極楽です♪
でも、実際に触ってみると、筋肉は落ちてブヨブヨ。 情けない足でした。

10日.jpg
筋肉が落ちてゆるくなっちゃった10日後の右足

2週間後 一時解除.jpg
2週間後、いったんギブスを解除してみると


肝心の足は順調とのこと。
来週からは、今後リハビリで通うことになる病院へ行くことになりました。

「ギプスは3週間ですよね? 来週外れますかね??」
と聞くと、

「う~ん。ケガの状態にもよりますが、それより患者さんの顔を見て決めます。
あなたは・・・もう少し付けていたほうがいいんじゃないかな?」


が~~~ん。

それでもわずかな望みを託して、ギプスをつけてから3週間目に、紹介して頂いた病院へ。
レントゲンを見る限り「素晴らしい! とてもきれいにくっついていて、折れたあとが分からない!」
とのことだったので、

「では、ギプス取れますか??」
「何言ってんだ、まだまだ先だよ! また来週ね」


が~~~ん。

でもこの日からEMSという電気をかけ始めました。
筋肉に刺激を与えて回復を早くするとのこと。
やれることが増えたのは、良いことだ。

3週間後 電気開始.jpg
3週間後、電気治療開始


この週は3回通い、ギプス生活4週間目。ケガをしてからちょうど1か月後。
祈るように先生を見つめて、診断結果を・・・

「そろそろ外そうか」

やった~~~!!!!!

電動のこぎりみたいなので切ってもらい、2週間ぶりのご対面☆
見るからに右足は貧弱になり、実際に1cm細くなっていました。
取れた嬉しさと、変わってしまったショックとで複雑。


取れた!.jpg
取れた!! 素足に戻れた

その後、筋力測定。
先生が不思議そうな顔で
「江田さん、めっちゃ筋力があるかと思っていたのですが・・・」

生活レベルを1とすると、運動している人は1.2欲しい。
で、私の左足はギリギリ生活レベルの1。
心配していた右足は0.93。
あれ?

「これは瞬発系なのでね。持久系ならもっと、ね」

へんに慰められて、なんかね。

こんな感じで、私の右足はやっと社会復帰。
その日のお風呂は、は~幸せでした♪

リハビリは、週2回病院でEMS→加圧→エアロバイク。
あとは、近くの体育館で苦手なマシーンを使っての筋トレ→エアロバイクなどの有酸素運動。
市営の体育館ですが、これが立派!
教えて下さる方も常にいてくれ、相談しながらできました。

動き始めは、足のばねが全くなくなっていて、歩くのもぎこちなく。
特にアキレス腱のあたりが全く伸縮できませんでした。

そして足裏が弱っていて、クッション性のあるシューズは不安定で歩きにくい。
今までは普通に履いていましたが、こんなにフカフカだったんですね。
ということで足の動きを取り戻すためにも、ニューバランスの『ミニマス』を履いていました。

でもお風呂でのマッサージや足首ぐるぐるや、リハビリで動かすたびに足は本来の動きを思い出してくれたようで、1週間くらい経つと歩きは普通になりました。

トレーニングで最も役立ったのがエアロバイク。
これは、痛みもなくしっかり追い込めます。

IMGP1871.JPG
7/16のラン塾@埼玉県大宮公園ランニングコース
IMGP1876.JPG
あれ!? どこかで見た顔、じゃなくて江田塾長復活!!


ギプスが取れて3週間目。ケガをしてから1か月半。
3kmくらい走ってみました。
うん、走れる。
で、少しづつ伸ばしてみます。
やや痛みはあるものの、翌日の調子をみて次へ。
この加減が難しいですね。

そして昨日。 RUN塾のイベントで、久々にお山へ行ってきました!
15㎞を3時間弱。 かなり歩きましたが、やっぱりお山は楽しい!!
お休みしている間、足の筋力はもちろんですが、動かないようにしていたので体力が落ちまくり。
かなり疲れちゃいましたが、みんなと行くと行けちゃいました。

しかし、弱っているこの足。踏んばりがきかずに何度転んだことか。
みんなに笑われては「山を楽しんでいるんだよ!」と言い張っていましたがね。

走っている以上、故障やケガはつきもの。
でも、なるべくならしたくないですね。

まだまだリハビリ中ですが、今回のけがで良かったことは自分の体を見つめなおしたこと。
調子が良い時は、あまり考えない。
昨日はどうだったか、今日の痛みは? 動きは良くなった?
自分の足に聞きながら、少しづつ回復しています。

そして多くの方に助けて頂きました。
病院の先生はもちろんですが、周りの方々から栄養の事・自分の経験・トレーニング法などなどたくさんのことを教えていただきました。
中でも、サポートして頂いているZENhttp://www.zen-j.com/の田村代表から
「走る以外のケアをするチャンスです!」と言われ、なるほどと。
内臓が弱い私は、レースの時にどんな薬を飲もうかとかを考えていましたが、普段からの食生活が最も大事とのこと。
時間が多く取れるいま、内臓をきれいにしてみようかと思っています。

これからしばらくはレースもなく、じっくり走り込みの時期となります。
どこまで戻れるか不安はありますが、えい!
戻るではなく、さらなる強靭な体を目指して頑張ります!!

次回は、元気に走っている姿をお見せしますね☆


IMGP1894.JPG
江田良子(えだ・りょうこ)
秋田県秋田市出身。高校・大学・実業団で中長距離ランナーとして活躍。2005年の名古屋国際女子マラソンで3位(2時間24分54秒/自己ベスト)となり、同年8月、日本代表としてヘルシンキ世界陸上女子マラソンに出場(17位)。現在は市民ランナーとしてラン二ング&トレイルランを楽しむとともに、2013年4月からランニングスクール『RUN塾』を開校。
http://www.runjuku.com/

■サポートマテリアル
シューズ/montrail
ウェア/マウンテンハードウエア
サポートウェア/コンプレスポーツ
パック/ネイサン
サポーター/ニューハレ
ライト/ブラックダイヤモンド
サプリメント/ zen

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trailrunning-ohkoku.jp/mt/mt-tb.cgi/109

コメントを書く

コメント記入欄

ページのトップへ戻る