トップページ > エダログ > 第29回 秋の大運動会『ハセツネCUP』参戦

江田良子 エダログ

2013/10/17

第29回 秋の大運動会『ハセツネCUP』参戦

激しい台風がやっと去ってくれましたが、皆さん大丈夫でしたか?
電車が遅れたり、大変だったのでは?
私も、今回はさすがにRUN塾もお休みで、このエダログを書いています。
お題はもちろん、「ハセツネ」
あれこれ思い起こし、いつになくどんよりな感じでパソコンに向かっております。

DSC_0015.JPG
体育の日恒例、秋の大運動会がやってきました。今年も素晴らしい天気


さてさて、今回で21回目となる「長谷川恒男CUP(通称ハセツネ)」
71.5kmのコースを制限時間24時間以内にゴールを目指します。
補給は、42㎞地点で水かポカリスエットを1.5Lのみ。
あとは全て自分で背負っていきます。
自分のゴールタイムを計算して、必要な水分・食糧を用意するところから、このレースは始まります。

私自身は今回で3回目。
訳が分からなかった2年前は、ひたすら楽しく10時間46分で5位。
少し山の走り方を覚えた昨年は、まさかの9時間32分で2位。
で、苦手な下りをかなり克服して出来るかぎりの準備をして臨んだ今回は・・・

まずは毎回恒例の持ち物チェック。
・ハイドレに某ドラッグストアのスポーツドリンク+クエン酸の粉末で2L→月夜見までにほぼ飲み切る
・ザバスピットイン×8個→約6個分摂取
・和菓子でチャージ(羊羹)2個→1個摂取http://wagashidecharge.com/order.html
・ミニおにぎり×4個→全く食べれず
・zenスーパードライブEX 4錠+zenリロードEX 4錠 (中間地点で摂取)http://www.zen-j.com/about_zen/zen_setumei.html
・ロキソニン 5錠摂取
・zenスーパードライブEX (走る直前)
・ガスタ―10 2錠摂取(走る直前)
・zenリロードEX 4錠(走った直後)
・VESPAプロ (走った直後)

今回はスタート前からの暑さで、すっかり食べれなくなっていました。
総摂取カロリーは、1300Kcalくらい・・・
単純な計算で、3200Kcalは消費しているはず。
もともと、食べないほうですが、これは少なすぎ。

ハセツネ2013江田装備.JPG
リカバリーのコンプレ.JPG
で、装備。
・ウエア:マウンテンハードウエア
 タイツはコンプレでしたが、当日は暑さが苦手で少しでも涼しくしたくて穿かず→走ったあとに、ふくらはぎ用と合わせてリカバリーで大活躍!http://www.compressport.jp/
・ソックス:R×L メリノウール ショート丈http://www.bigtoe-takeda.com/run/lineup.php
・バックパック:ネイサン
・シューズ:モントレイルのマウンテンマゾヒスト
・ヘッドランプ:今回よりペツルのNAOを使用
・ニューハレをアクタさん直々に、足首・ふくらはぎ・ハムスト・腰・肩甲骨に貼って頂きました

DSC_6846.JPG
スタート前montrailのブースでダコタ、エミー両選手と記念撮影。
嬉しいとつい口が開いちゃう
DSC_6859.JPG
盟友おっくんと健闘を誓い合い
DSC_6829.JPG
応援いただいてる皆様にご挨拶し
DSC_6894.JPG
選手サポートの無料マッサージを受け準備万端


毎回、最低でもクリアしたいペースと、できるものなら挑みたいペースの2パターンのタイム表を作って持っていきますが、
今回は挑みたい1パターンのみ。→これで欲が出過ぎたのかな...

今回は、初めて招待選手控え室で待機しました。
ここが実におもしろい!
ハセツネのゼッケンって年代が分かっちゃうんです。
ちなみに私は30代の「13067」
で、"5"のねえさん達がかっこいい!!
優雅に幕の内弁当を頬張り、ハイドレの中身はなんとコーラ!
謎の手ぬぐいが出てきたかと思ったら、終わってからのお風呂準備とのこと。
"2"の若者には「早く子供産まなきゃね~☆」なんてアドバイス。
もう、ステキすぎでした。

散々笑って、時間になったのでスタート地点へ移動。
わがRUN塾からは15人参加とのことでしたが、集合するわけでもなくいつも通りのマイペース。
でも、しっかり心は繋がっていて嬉しかったな。

スタート位置はなぜか前に来ちゃいまして、見たことのある速い男性選手がいっぱい。
ドキドキしていたら、近くにDMJのおにいさん方がいてホッと安心☆

DSC_7204.JPG
スタート。男子エリートの中に見つけました、頭半分。ヒントはすぐ後ろに大石由美子選手


午後1:00
今年は、無事によーいドン!!

今回はあちこちに不安ありでしたが、そんな中で出来る限りの準備はしてきました。
いざスタートすると、足が軽い。
で、何となく流れに乗ってしまい、約8kmの入山峠は予定より6分も速い46分で女子トップ通過。
さすがに慌ててペースを落すものの、すでに体にはダメージが・・・
両前ももがピキピキして、いまにもブチッといきそうです・・・

PA130023.JPG
今熊神社下社前。エイミー選手と女子先頭で元気に通過
DSC_7870.JPG
15km地点、まもなく醍醐丸。 本人ニヤついていますが、
その状態は実にビミョー


気付くと、息もかなり上がってツラい。
エイミー・プロストンにパスされ、リア・ドルティにもパス。
リアが、キツイ軍刀利(ぐんだり)神社までの階段で話しかけてくれて、あっという間に登れました。感謝!
でもキツイのには変わりなく、直後、昨年の女王・佐藤光子さんにもパスされます。ただ、さすが"5"の姉さん。
優しく気遣って下さり、しばし一緒に走ってくれました。
「絶対来てや!私がヘタレてたら励ましてな!!」と言ってくれたのが
ググッときました。
そして、第1関門の浅間峠手前で、今回優勝した大石由美子さん。実は、走る姿は今回初めて拝見させて頂きたのですが(いつもすぐに離れていたので)
無駄なく無理なく素晴らしい走りでした。

なんて見惚れていましたが、私はヘロヘロでほぼ歩き・・・
そこに試走でお世話になったDMJのisoさんが後ろから
「こら~!なにサボってんだ!!」と元気に登場。
やや元気を分けて頂きましたが、足は動かず。

で、3時間2分でやっと浅間峠。奇しくも昨年と同タイム。
前回は苦手な区間が終わり、ここからがハセツネのお楽しみ♪でしたが、今回はまさかのリタイヤも頭をよぎりました。
でもたくさん応援して頂き、せめてここだけはかっこよく通過しようと踏んばります。
後方にこれまたDMJのヤマヤさんがいてくれました。そう、今回の救世主です。
さすがは頼れる兄さん、心配そうに「大丈夫?」と声をかけてくれました。ここでイッキに弱い自分が出てしまい「やばいっす、やばいっす!」
すると、「三頭山まではゆっくり行こう、がんばれ!!」と力強く言ってくれました。
すでに予定タイムをオーバーしているし、気持ちもすっかり萎えていたので、このお言葉で
「そっか、三頭山までは遊んでいいんだ!」とようやく前を向けました。

ですが奥多摩のボスは、そう簡単には通らせてくれません。今回最もツラかったのがこの三頭山でした。
上りは得意なはずでしたが、全く足が動きません。
この頃には、今回最も長い時間を共に走って頂いたステキなお兄様、OSJ代表の滝川さんと一緒でしたが、私があまりに遅くて先に行ってしまいまして。
その後、御前山で再びお会いできた時は嬉しかったです~♪

とにかく、ひたすらガマン。いつかは終わると言い聞かせてガマンガマン。
この時には「今日中に五日市に戻れれば上出来かも」とかなりの弱気でした。
できるものなら足を止めたかったけど、後ろにはなぜか数人のパックとなっていて止まれず。でも、おかげで止まらずに進めました。

ガマンの甲斐があってやっと頂上。終わらない上りはないんですよね。
そこからがまたキツイ。
唯一の給水ポイントである月夜見まであと数kmなのに、アップダウンが続いてものすごくなが~く感じるこの区間。
もはや話しかけて頂いても、答える元気もなくなっていた鞘口峠で、応援にやって来たKファミリーにまさかの遭遇!!
絶大なパワーを頂き、月夜見まで頑張る勇気がでました。

そのおかげもあり、あと少しでアスファルトに出る頃に奇跡の大復活!!
さっきまで痛くて重かった前ももが軽くなり、呼吸も楽になりました。
そう、ウルトラは必ず復活するのを身を持って知っていたので、その時をずっと待っていたのです。
それが今きた!!

そして、待ちにまった第2関門の月夜見6時間11分で到着☆
思っていたほど遅くなくてホッ。
そこでは、スタート前にお世話になったアクタさんが!!
嬉しさ倍増で、ポカリ1Lと水を頂きました。

さあ、ここからいきますよ~!!!!!
月夜見手前で、以前他のレースでお会いした方から
「下り、速いですね~」という人生初の下りでお褒めのお言葉を頂いていました。
この言葉を信じて「私は下りが速いのだ!!」と思い込み、ガンガン下ります。

そして次なるボス・御前山が登場。
前回同様、ここではガシガシ登っていきます。
そして、スタッフの方の「御前山山頂で~す!」の声が!
今回もスタッフの方々の声援にどれだけ助けて頂いたことか。
人間って単純な作りなようで(私だけ?)、疲れていればいるほど単純に反応してしまいます。
「がんばれ」と言ってもらえると頑張れる。 本当にありがたいです。

苦手意識のある大ダワは、1ヵ月前に試走した際にisoさんがものすごい勢いで引っ張ってくれたおかげであまり恐怖感なく下ることができました。
大ダワでも大声援を頂き、残り20㎞。
ここからは走りやすい道が続くので、リズム良く進みます。

DSC_8621.JPG
本人の写真が無いので、ハセツネ名物、奥多摩檜原村からのTOKYO夜景

前回よりタイムが遅いせいもあり、一人になることがほぼありませんでした。
なので真っ暗な中を走っている感じがあまりなかったのですが、特に今回は初めてレース中に月が☆
月明りで明るかったなあ。

なんて進むと、ラストのボス・大岳山です。
ここは試走で、無理なくクリアしていたので気負いなく進みます。
ただ、山頂を過ぎてすぐの岩だらけの下りが恐ろしく、毎回誰かを頼りながら行きます。
今回も、後ろにランナーがいたのが分かっていたので
「ここだけはいつも一人では不安で・・・」と振り返ると
「でしょ~! やっぱりOSJでしょ!」
またしても、すてきなお兄様と再会できました♪
ここからしばらく一緒に進み、綾広の滝では、昨年飲めなかった分(まさかの水がでていなかったのです)いっぱい飲みました。
冷たい水でリフレッシュ。

時計を見ると、もしかしたら10時間切れるかも?
お兄様に聞くと、「ギリギリかな~」とのこと。
第3関門で、残り85分。ヘタレなきゃ間に合うはず。

すでにパワーはなくなり再びヘロヘロでしたが、不甲斐ない順位だったので、せめて10時間は切らなきゃ走った意味がない、と言い聞かせてダッシュです。
日の出山までは16分で到着。
スタッフをしてくれていたヤイちゃんにご挨拶して、ここからは魂の走りだあ~!!

事前にRUN塾でゴール~日の出山往復を3回走っていたので、この区間には自信がありました。
昨年は抜かれてばかりだった金比羅尾根を、今年は何人抜いたかな。

さすがに最後の激下りは半べそでしたが、やっと道路にでました。
誘導の方がそっと「がんばれ!」と言ってくれました。
やや進むと、ヤマヤさん!! そして、ビデオを構えて待っていた王国カメラマン!
数えきれないほどの皆さんから背中を押してもらって、やっと9時間51分でゴール。

DSC_9120.JPG
猛追も届かず。30秒前にフィニッシュしたリアとの激走も終止符
DSC_9164.JPG
長谷川大会名誉顧問から完走賞授与
DSC_9190.JPG
ひと月ガマンしてたんだから、飲むよ

結果は女子5位、昨年の2位から3つ順位を下げてしまいました。

でも、たくさんの方が、迎えてくれました。 
大事な仲間たちがニコニコと待っていてくれました。
ありがたい。 本当にありがたかったです。
すぐに言葉が出てこなかったので、とにかく「ありがとうございました」と言っていました。

やや落ち着いて1ヵ月ぶりのビールを飲んでいる頃には、悔しさやら反省やらでガックリ。
レース運びや補給の摂り方、弱気になった区間のこと、さらには調整方法などがグルグルと。

こんなにツラいハセツネは初めてで、もう来年はやめようかと思っていましたが、"5"のねえさん方や、
歴代の優勝者、共に戦った方々と話しているうちに、自分にはまだまだできることがあるのかなあと。

DSC_0447.JPG
表彰式。お隣は女子総合4位のリア
DSC_0440.JPG
「悔しい~」と顔で語っています
PA140035.JPG
またメンズの友達つくりました。トレラン王国「トップランナー」でおなじみの
武藤さん、近藤さん、伊東さん(右から)



翌朝に、偶然にも昨年2位で今年5位という同じ境遇の近藤選手とお話ができました。
「なんだか冴えないよね~」
ホントに冴えない会話でしたが、それでも前向きな近藤選手からパワーを頂きました。
来年はお互いニコニコで「やっぱりハセツネいいよね!」って話したいな。

結論:ハセツネは難しい。

そうそう、1か月の禁酒生活でしたが、体調維持にはすごく役立ったかも。
ただ、レース翌日は何本飲んだのかよく分かりません。
まあ、無理はしない方がいいのかな。

選手だったり、スタッフだったり、応援だったりで参加したみなさま、2日間お疲れさまでした!
また来年お会いしましょう!!って、やっぱり言っちゃいますよね・・・

≪追記≫
前回すごく気になったコース上でのゴミは、今回ほぼ落ちていませんでした!
ただ、毎年ご協力頂いているゴール後の癒しの湯・光明山荘さんで残念な出来事がありまして。
男女別々の仮眠室を用意して頂いていて、毎年使わせて頂いていますが、まさかの女子仮眠室に男性が・・・。ほんの1時間でお二人ほど確認してしまいました。
確かに女性は参加人数が少なく、お風呂も仮眠室も快適です。 でも、ルールは守るべき。
ごくごく一部の方のお話ですが、あえてここに書かせて頂きました。



DSC_9255.JPG
江田良子(えだ・りょうこ)
秋田県秋田市出身。高校・大学・実業団で中長距離ランナーとして活躍。2005年の名古屋国際女子マラソンで3位(2時間24分54秒/自己ベスト)となり、同年8月、日本代表としてヘルシンキ世界陸上女子マラソンに出場(17位)。現在は市民ランナーとしてラン二ング&トレイルランを楽しむとともに、2013年4月からランニングスクール『RUN塾』を開校。
http://www.runjuku.com/

■サポートマテリアル
シューズ/montrail
ウェア/マウンテンハードウエア
サポートウェア/コンプレスポーツ
パック/ネイサン
サポーター/ニューハレ
ライト/PETZL
サプリメント/ zen

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trailrunning-ohkoku.jp/mt/mt-tb.cgi/112

コメント(8)

これでも昔はクライマー | 2013年10月17日 13:58

江田さん、ハセツネお疲れ様でした。

ゴール後に声を掛けさせていただいた者です。

私なんぞは、17時間台という自分でもワースト1の記録でのフィニッシュでしたが、やはりやめないでよかったと思っています。

今回で6回目の完走となり、アドベンチャーグリーンまであと4回、来年からポイント枠でのエントリーがなくなるようなので、私としては影響大ですが、10回完走を地道に目指すつもりでいます。

江田さんのように速く走ることは絶対にできませんが、鈍足市民ランナーにはそれなりの目達があるので、頑張ります!

5のねえさん1号 | 2013年10月18日 07:50

お疲れさまでした!
今度はレースじゃない時に一緒に走りましょう。

…しかし、レース直後に詳細なレポート、スゴイ! 若い! 脱帽~

えだまめりょうこ | 2013年10月18日 10:13

これでも昔はクライマー さん

ハセツネお疲れ様でした!
その後、体調はいかがですか?
会場では声をかけて頂き、ありがとうございます。

目標を持つことって大事ですよね。
あと4回と言わず、ずっと走り続けてくださいね☆

たかひろ | 2013年10月18日 15:50

おつかれさまでした。
私はハセツネ初参戦でした。タイムはそれほどはやくありませんが、とっても楽しめました。

約10時間のうちにロキソニン5錠も飲んだんですか!?
その後胃は大丈夫でしたか?
ロキソニンと一緒にカフェインをとると痛み止めの効果が高まるらしいですよ。ただし肝臓への負担も増加するのであまりお勧めはできませんが・・・
最後の手段として。

かおり | 2013年10月19日 13:06

江田さんお疲れ様でした。
カップヌードルをわけわけした丹羽ですw
初めておしゃべりさせてもらって、私は嬉しくてハセツネ走ったことを忘れてしまったぐらいですw
来年は控え室でご一緒できそうなので、よろしくお願いしまーす!

えだまめ りょうこ | 2013年10月21日 10:09

5のねえさん1号!
今回はたくさん学ばせて頂き、ありがとうございました!
ねえさんと話していて、今回の自分には心身共に全く余裕がなかったと
しきりに反省しました。
ねえさんのように“強い”ランナー目指して精進します。

実は3の後半にもなると、結構忘れっぽくなりまして。
なので急いで書きました☆

えだまめ りょうこ | 2013年10月21日 10:14

たかひろさん
初参戦で楽しめたとのこと、すごいですね☆

そうそう、ロキソニン。
そのせいか分かりませんが、終わってから数日は胃痛がひどかったです。
本来であれば、胃薬と一緒に飲むのが正しいはずなので、それは痛めちゃうかもですね。
そこにカフェインプラスですか・・・
最終手段として、ありがとうございます。

えだまめ りょうこ | 2013年10月21日 10:18

かおりさん

頂いたカップヌードル、完食しちゃいました☆
ありがとうございました!

こちらこそ、ご一緒できて楽しかったです。
毎年、レース後にあそこでランナーのご縁が広まっていて、今年も楽しく過ごすことができました。
来年は朝からよろしくお願いします!!

コメントを書く

コメント記入欄

ページのトップへ戻る