トップページ > エダログ > 第30回 神流マウンテンラン&ウォーク参戦

江田良子 エダログ

2013/11/21

第30回 神流マウンテンラン&ウォーク参戦

寒い日が続くかと思うと、強い日差しの日があったりでうっかり風邪気味ですが、皆さんは
いかがでしょうか?
例年ですと、10月の激しいレースが終わってダラダラぶくぶくな時期ですが、今年は違います!
人生初のクリック合戦に勝利し、いつかは出てみたかったレース「神流マウンテンRUN&Walk」に参戦してきました!!
スーパーペアの部(50km)。 お相手は、いつもピンチの時に助けてくれる栗原 孝浩さん☆
なんと2年前に、小川壮太さんとのペアで優勝したそうで、お誘い頂いた時にはかなり迷いましたが
「前夜祭がすごく楽しいし、とにかく楽しく走りましょう!」とのことで決定。

当日は、車に乗せて頂きましたが、だんだん山が近づくにつれて紅葉が素晴らしい☆
そんな山々を見ながらどんどん気持ちは上がり、会場に着く頃にはもうルンルン♪

まずは受付。
頂いた封筒には、ゼッケンやパンフレットのほかに名前が入った木製のネームプレートと手作りのしおりが入っていました。
以前からこの大会は、地元の方々が盛り上げて支えてくださっていると聞いていましたが、すでに温かい心遣いが伝わってきました。

16時からの前夜祭までは時間があったので、宿に戻って作戦会議。
実は心の中で「えっ! やっぱり本気で走るの?!」と慌てましたが、そこはやっぱり栗原さん。 ビールが出てきて、会議開始です。
何度かセミナーも開いているとのことで、コースは完璧でした。
で・・・あれ? 結構険しい?? もしかしてキツイ???

あまりに前夜祭を楽しみにしすぎて、うっかりコースの確認は何もせず。
50km走ることも、数日前に思い出したほど。
でも、「とにかく楽しんでいきましょう♪」とのお言葉を信じて、どうにかなるさ♪ と、ぐびっ。

実はここ数日なぜかお腹が痛くて食欲が全く無く、ほとんど食べていなかったのですが、その分体は軽く、気持ちもルンルンだったので
どうにかなるさ♪と。 この時は・・・

で、会場である小学校の体育館へ移動。
受付には、テレビ番組の取材でタレントのシェリーさんが、大会スタッフの方と一緒にスリッパを渡してくれました。翌日のエイドやゴールでの
お出迎えなど、テキパキと動いている姿が好印象で、ステキな方でした。

神流001.JPG
壇上に呼ばれ、鏑木さんから予定外のインタビュー

神流002.JPG
その後の盛り上がりはこの写真から予測が付きます

そして中に入ると~。
事前に決まっていたテーブルごとにたくさんのお料理や地元のお菓子などが並んでいます。
さらに後方には、アユの塩焼きやうどん、煮物などなど地元の方々の手料理がどど~んと。

すでに興奮気味でしたが、ついに今回楽しみにしていた事のひとつで「生鏑木さん」を発見!!
今まで、写真や映像だけだったので、実際にお見かけしたのは初めて!!
思っていた以上にスマートで笑顔を絶やさず、青のジャケットが良く似合う爽やかな方でした。

その後、いよいよ乾杯。
美味しいお料理と、周りには愉快な仲間がたくさんいて、みんなで笑って飲んで笑って飲んで。
あ~楽しい\(^o^)/

いつしか、絶品とのウワサの竹酒が登場。すでに用意されている竹酒用のコップ(これも手作りかな?)でどんどん頂き、
笑って笑って愉快な輪が広がって~♪

なぜか壇上に呼ばれて、鏑木さんのインタビューに答えて、またみんなで笑って飲んで~♪

で、この後~翌日の朝までのことはほぼ覚えていないので、翌朝に飛びます。

神流003.JPG
早朝5時、まるで前の写真の続のようにスタート前からアゲアゲです

神流004.JPG
例年鏑木さんがスターターを務める。朝も夜もいつも爽やか

神流005.JPG
江田選手をここにきて睡魔が襲う!?

神流006.JPG
標高差1000mの父不見山(ててみずやま)でウォーミングアップ完了

神流007.JPG
スーパーロングはここから40km。LASTという文字身に沁みます


翌朝は、同部屋の方々のおかげで無事に起きることが出来ました。
今回3人部屋でしたが、なんとお二人は表彰台へ! おめでとうございました!!

とりあえず着替えてみましたが、頭も体も前日のままなのか夢の中なのか・・・
現実は、これから50㎞走るようでした。

せっかく食べたモノたちはどっかに行ってしまったようで、胃の中はからっぽ。宿のほかほかご飯を頂くも、あまり入らず・・・
とりあえず走る準備をして会場へGO。

頼りの栗原さんも同じ感じ・・・
お互い顔を合わせて、笑っちゃって。 こりゃ楽しい50㎞間違いないな。

朝6時のスタート前はまだ暗いのですが、イルミネーションで輝いている橋を渡ってのスタートです。
さすがにややピリッとした気持ちに・・・なりませんでしたが、カウントダウンして栗原さんと握手してスタート!

この大会は、50㎞・40㎞・27㎞があり、私たちのペアの部50㎞はどんな組み合わせでもOK。
もちろん男性チームはものすごい勢いで先行。 ミックスの私たちも流れに乗って進みます。
スタート後15分くらいで明るくなってきました。

コースは、前日に聞いていた以上にハード!(って私が弱りすぎかも)
それよりなにより自分の体が・・・
なぜか顔だけに異常に汗をかきながら、始めの2時間くらいは頭も体も動かず、ただ気持ち悪さと戦いながら必死に付いていきました。

13km走ると、スタートした街に戻ってきて、沿道にはたくさんの応援が!
旗を振ってくれたり、ハイタッチしてくれたり。
その中で、なぜかこちらを指さし爆笑している一団が・・・
あっ! 前日におじゃましたような・・・
「大変お世話になりました(>_<)」とご挨拶。

神流008.JPG
一瞬レース終盤と錯覚する町への下山。ここから本番です

神流009.JPG
所は変わり西御荷鉾山山頂。女性スタッフがひざまずいて押してくれるのは

神流010.JPG
神流オリジナル関門通過確認スタンプ

神流011.JPG
ワラーチで登ってきた選手、恐れ入ります

神流012.JPG
ロングクラス(40km)女子1位で到着したのは今年のハセツネ女王大石選手

神流013.JPG
スーパーペアの一番手、村井・青木組は山頂に到着し雄叫び

その後は長い林道が続いてまた山の中へ。
今回のコースは度々出てくる林道をいかに走るかが大きなポイントだったように思います。
山ではヘたれてすぐに歩いては待ってもらっていたので、せめて林道は走らなきゃ申し訳ないと思い、たまにしか歩かずに頑張りました。

神流014.JPG
やって来ました栗原・江田ペア。栗原リーダーは元気ですが

神流015.JPG
神流016.JPG
スーパーペアの部には他にもナイスなカップルが沢山。
目標は楽しく完走。順位は意識しないのです

神流017.JPG
これが西御荷鉾のオアシスの"前橋トレラン部"エイド


そして、21km地点で「遅いよ~!」の大合唱と笑いで迎えてもらった"前橋トレラン部"エイド。
ジェルも食べれず、ヘロヘロだったのでここで頂いたお味噌汁は沁みました。

ここは西御荷鉾山(にしみがやま)を周回を回って戻ってくるので、2回お世話になりました。
私設エイドなのに、お味噌汁・おにぎり・おやつなどなどいっぱい。
皆さん手際よく用意してくださり、大感謝でした。

ポパイのホウレンソウのごとく、むくむくと元気になり足が動いてきました。(やっと?)
ようやくコースをみる余裕がでたのですが、西御荷鉾からの稜線は落ち葉の積もった
ふかふかで極上のトレイルでした。
あ~万全な状態でここをかっ飛ばしたらどんだけ楽しいことやら、とちょっと悔やみながらもふかふかトレイルを楽しみます。

一応今回の目標タイムは6時間切り。 前回の栗原・小川ペアの通過タイムをもとに栗原さんがゴール予想タイムを教えてくれます。
後半はどう頑張っても無理なタイムでしたが、目安があるってありがたかったな。

神流017b.JPG
神流017c.JPG
上州秋色に染まる

神流018.JPG
神流019.JPG
栗原さんフォローありがとう!

神流020.JPG
第3エイドを通過し、男女ペアのトップを射程圏内に。
後半復活する最近のパターンを踏襲


白髪山(1521m最高地点)を越えて下ると40㎞地点の持倉エイド。 
ここではお蕎麦がありました! せっかくなので頂きます☆
美味しいおそばと美しい紅葉。 う~ん、しばしレースを忘れてました。
前日までは、まさかの雪予報も出ていましたがそんな心配は全くないトレイル日和。

前半に比べたらかなり動いてきましたが、得意なはずの上りではすぐに息が上がり、下りは足が合わずにバタバタ・・
見かねた栗原さんが
「あと少し上ったら終わりだからがんばれ!」
上りきると、
「よし!」

神流021.JPG
持倉に元気にやってきました。残り10km

神流022.JPG
江田は一杯、栗原は三杯たいらげる

神流023.JPG
「紅葉すごい!!」ここにきてやっと景色を堪能する余裕が

神流024.JPG
おばあちゃんと選手がナチュラルなハイタッチ。
ここはトレランの聖地

こんな感じで助けてもらいながら、あと少しあと少しと粘ってようやくラスト1.8kmのロード区間に出ました。
朝からの事を振り返りながら、やっとゴール出来る!というのと、あーあ終わっちゃうなあとの気持ちが。

途中は、あまりのヘたれっぷりにホントに申し訳なかったけど、ペアだからこそ走りきれたしチームとして走る楽しさがありました。

そしてついに、ゴール!!! 6時間42分で、総合8位でした。(一応男女ミックスではトップでしたよ☆)

神流025.JPG
よくがんばりました。順位はともかくゴールシーンはいつも美しい

神流027.JPG
栗原さん本当にありがとう!!(トレラン王国より心をこめて)

神流026.JPG
そして鏑木さんの祝福。疲れが一気に飛びます


応援に来て下さった、前橋トレラン部や上州山楽走のみなさんや前日おじゃましたであろうお宅の皆さんがいろんな笑いで迎えてくれました。

で、懲りない二人はロング缶で乾杯♪

この後の表彰では、RUN塾の皆さんが次々に表彰されていてびっくり! 塾長がこんなんでも、皆さんはしっかりしています。

神流028.JPG
最も競争の激しいロング男子は近藤さんが優勝。
来年5月のフランス招待をget

神流029.JPG
スーパーペアは昨年に引き続き"親善大使"村井・青木組が連覇

神流030.JPG
トレラン仲間⇒ソルジャーを超越し、もはやマブダチとなった二人

神流031.JPG
見つけましたよレアなもの。上州では定番ですね

神流032.JPG
お近づきなった上州山楽走と前橋トレラン部の皆さんたちと記念写真


終わってみて。
栗原さんが、「来年リベンジします?」と聞いてくれましたが、来年もまた同じように、もしくはそれ以上に楽しんじゃうかも。
まずはクリック合戦かあ・・・

栗原さんをはじめ、今回お世話になったみなさま本当にありがとうございました。
何の責任もなく、ただただ楽しく走らせて頂き本当に楽しかったです。
もしも来年もまた行けたら、どうぞよろしくお願いします!!

DSC_3805.JPG
江田良子(えだ・りょうこ)
秋田県秋田市出身。高校・大学・実業団で中長距離ランナーとして活躍。2005年の名古屋国際女子マラソンで3位(2時間24分54秒/自己ベスト)となり、同年8月、日本代表としてヘルシンキ世界陸上女子マラソンに出場(17位)。現在は市民ランナーとしてラン二ング&トレイルランを楽しむとともに、2013年4月からランニングスクール『RUN塾』を開校。
http://www.runjuku.com/

■サポートマテリアル
シューズ/montrail
ウェア/マウンテンハードウエア
サポートウェア/コンプレスポーツ
パック/ネイサン
サポーター/ニューハレ
ライト/PETZL
サプリメント/ zen

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trailrunning-ohkoku.jp/mt/mt-tb.cgi/144

コメントを書く

コメント記入欄

ページのトップへ戻る