トップページ > エダログ > 第32回 新春いっぱい走ろう会

江田良子 エダログ

2014/01/17

第32回 新春いっぱい走ろう会

明けましておめでとうございます。
で、新年早々1日遅れてしまい申し訳ありません(>_<)

こんな始まりですが、このエダログまさかの4年目に突入です。
いつもいつも私の拙い文章にお付き合い頂き本当にありがとうございます。
エダログを始めてからレース中やお山でお会いした多くの方々から、声をかけて頂けるようになりまして本当にありがたいです。
ロードしか知らなかった私が、トレイルの楽しさを知り、トレイルの輪がどんどん広がっています。
今後、もっと山を楽しむために自分自身成長していきたなあと。
どうぞ今年もお付き合いくださいますよう、よろしくお願いします。

さてさて、今回は海なし県(埼玉)から海まで(神奈川平塚)走っていきました!というお話です。

3年前に一人で箱根駅伝を応援しつつ、鶴見あたりまで70km走ったのが始まり。
翌年は体調不良で断念。 昨年は何人かに付き合って頂き楽しかったのですが、途中で私がまさかの時間切れで離脱。
ならば今年は時間を気にせず思いっきり!ということで、

『新春いっぱい走ろう会~海でバカヤローと叫ぼう!~』

なる企画を開催したのです。
相当テキトーな内輪のイベントにも関わらず、新年早々愉快なお仲間が集まってくれまして。


川越 出発.jpg
新春早々いっぱい走りたい人々が集まりました。@川越ポイント


地図を見ると、大まかなかんじですが私の家から海までほぼ真っ直ぐに南下するように16号線が通っています。
最後のほうで129号線を通ると海に行けそう♪
で、途中の駅でいくつか合流ポイントとだいたいの通過時間を決めて、参加メンバーを募り、会えなかったらごめんなさいって感じで。

打ち上げ会場は、平塚駅より3分の『太古の湯』http://www.green-sauna.com/
なんと社長の加川さんもランナーとのことで、ここを使わせて頂くことになりました。

こんな感じで、全長94㎞のコースが決定☆
まあ、予定は未定でありまして。 当日はいろいろありました~。

三が日も無事に終了した新年最初の週末の早朝5時、いつもおなじみのご近所チーム5人で上尾市内をスタート!
のはずが起きたらまさかの5時!! 
めったに寝坊なんてしないのに、慌てふためき顔も洗わずに15分後には外へ!
すると、まさかまさかの更なる遅刻者が・・・。
事前の予定時間よりすでに30分遅れ~。

でも、そこは愉快な仲間たち。 
「先は長いからね~♪」と、ゆるゆるとスタート。 

6:45頃、やっと太陽がでて明るくなってきました。
ますますテンションが上がって、15km先の川越ポイントに到着。
ここで5人が合流です。
なにも食べていなかったので、コンビニでサンドイッチと肉まん。
おしゃべりしながら食べながら走りながら、進みます。
ここまではちょこちょこ曲がったりな道でしたが、あとはひたすら16号線を太平洋まで南下するのみ。

ペースは6分~6分半かな。 メンバーが10人もいるので話題がつきません。
おせち料理をどうしたとか、忘年会でどんだけ飲んだとか。
こんなどうでもいい話がひたすら面白く♪

次は、スタートから32㎞先の入間ポイント。 ここで2人が合流です。
すでに1時間以上遅れての到着でしたが、新年のご挨拶をしてすんなり合流してくれるのはさすが。
新しいメンバーが増えると、話題も増えて。
今月末に330kmのレースに出るとか、年越し夜勤だったとか。

ラッキーズ出発.jpg
スタートは5時半、手作りパン屋さん『ラッキーズ』前@上尾
IMG_6935.JPG
新春の和やかな朝ラン
IMG_6924.JPG
コンビニをステーションにしながらランな人々が増殖
IMG_6931.JPG
序盤、まだまだ意気揚揚の男子の皆さん
東京入り!.jpg
瑞穂町から東京へエントリー
IMG_6941.JPG
こういった何の変哲もない景色が果てしなく続きます
神奈川入り!.jpg
イェイ、イエ―神奈川入り@相模原市


そしてついに瑞穂町から東京都に入ります。
ここからはしばらく横田基地の横を走るのですが、距離はすでにフルマラソンを越えました。
さすがに疲れのピークがやってきまして・・・
このあたりで拝島チームの4人が合流。 実は何人かの方もお寝坊さんだったらしく、スタートが遅れたので間に合ったとか。
みんな一緒だね~。
初めましてのご挨拶なんかをしながらコンビニで補給。

おにぎりとソーセージパンとホットコーヒー。
立ち止まってしっかり噛んで食べて、荷物の整理をしたら心も体もなぜかぐんと回復!

異国情緒たっぷりの道が終わって多摩川を越えたあたりから、アップダウンが出てきました。
ゆっくりペースなので呼吸は大丈夫でしたが、じわじわと足にきます。
そして、今回最大の峠越え・御殿山峠。
だらだら続く上りは、60km近く走った足に堪えます。
さすがにみんな口数が減りつつも、どうにか峠のピークへ。 ふう。

その先の相模原でついに神奈川入り! 道路の案内板も"横浜"や"厚木"など見慣れない地名がいっぱい。
ここで橋本チームの2人と合流。 映画『フォレストガンプ』の1シーンのように、メンバーが徐々に増えていきます。気がつけばいつのまにか18人。
ここまでで60㎞。ずいぶん遠くに来ちゃったね~。

ここでまさかの情報が。
てっきり平塚駅のすぐ近くが海かと思っていたら、駅から往復で3kmかかるとのこと。
実はこのコースを最初に調べた時は85㎞くらいでした。
その後、調べなおしたら91km。 で、更にしっかり者が調べてくれたら94km!!
もうこれ以上はイヤだ(>_<)ってことで、海まで行くのを諦めて、ゴールはお風呂(太古の湯)に決定!
遠くから「バカヤロー!」って言えばいいさ♪

IMG_6936.JPG
相模川を渡る橋から丹沢大山が立派にお目見え
129号から見た丹沢.jpg
作品ナンバー057「国道128号に沈む夕日」


橋本五差路で129号線に入ります。 ここでラスト30㎞。 なが~い!!!
この道路は歩道が広くて走りやすく、右側には丹沢の山々が綺麗に見えます。
でも、周りがよく見えるぶん先も長く感じてしまい、なかなかツライ・・・

ここまで、だいたい15kmごとに合流ポイントがあって、そこを目標にして走っていたのですがこの先はもうゴールまでなにもない。
あまりにツラくて15㎞行ったらコンビニ休憩することに。

この頃になるとメンバーもかなりキテいまして、交差点で信号が青だと
「あ~あ・・・」 というため息が周囲から漏れます。
こんな時に限ってタイミング良く青ばっかり。
立ち止まって1回見送ってもいいのに、そこはなんだか悔しくて。
ブーブー言いながらも止まらずに走るのです。

こんな感じで進んでいたら、だんだん暗くなってきました。
あら? 予定では、16時には海に着くはずだったのに、まだ10㎞以上あります。
陽が沈むと心も沈みがち・・・
でも、道路の案内板はずっと平塚を案内してくれています。
すでに思考力も無くなってきていましたが、なぜかこの辺に詳しい方の
「あそこまでいけばあと7km!」とかの言葉を信じて進みます。

1号線にぶつかって右折すると、平塚駅まではあと3km! やたらと長く感じた3kmを進むと、平塚駅がど~ん!!
初めて来ましたが、大きくて立派な駅なんですね。
人通りも多く、リュックを背負ってなんだか薄着な私たちも歩きます。

IMG_6942.JPG
平塚へ向かう途中の相模の国の神様。
大鳥居のそとから一礼
IMG_6943.JPG
IMG_6945.JPG
目的地の『太古の湯』。玄関に
「RUN塾ご一行様」のお出迎え


ここから徒歩3分で太古の湯に到着!!!
朝5時半に出発して、約11時間半後の夕方5時にやっと到着しました~。
みんなグッタリでしたが、ずっと楽しみにして頑張ってきた温泉とビールへGO!!!

この日は、太古の湯でもランイベントがありランナーさんでいっぱいでした。
ここはランステとしても利用できるそうなので、海沿いを走りつつぜひご利用してみてくださいね☆

打ち上げは、さすがランナーの事をよく分かって下さっている社長のおかげで、腹ペコランナーにはありがたい炭水化物メインのコース&90分の飲み放題!!
どれも美味しく、冷えたビールがどんどん進みました☆

たくさんあったお料理も、気づくときれいに食べ尽くしていまして。
94km走ってきた道のりを、電車で2時間かけて帰らねばならず、重たい足を動かしながら駅へ。駅が近くてよかった♪

頑張ったご褒美に、私は湘南新宿ラインのグリーン車に乗って、2次会開始!(^^)!
一人また一人とお別れし、その後皆さんその日のうちには無事に家へたどり着けたとのこと。

こんな感じで、2014年のお正月は愉快で楽しい一日となりました。
来年こそ、海まで行こうね~! 
って、まずは寝坊しないようにね~!!

江田良子(えだ・りょうこ)
秋田県秋田市出身。高校・大学・実業団で中長距離ランナーとして活躍。2005年の名古屋国際女子マラソンで3位(2時間24分54秒/自己ベスト)となり、同年8月、日本代表としてヘルシンキ世界陸上女子マラソンに出場(17位)。現在は市民ランナーとしてラン二ング&トレイルランを楽しむとともに、2013年4月からランニングスクール『RUN塾』を開校。
http://www.runjuku.com/

■サポートマテリアル
シューズ/montrail
ウェア/マウンテンハードウエア
サポートウェア/コンプレスポーツ
パック/ネイサン
サポーター/ニューハレ
ライト/PETZL
サプリメント/ zen

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.trailrunning-ohkoku.jp/mt/mt-tb.cgi/146

コメントを書く

コメント記入欄

ページのトップへ戻る