トップページ > 首都圏コースガイド > Vol.2 大菩薩嶺(山梨県)

首都圏コースガイド Vol.2 | 大菩薩嶺(山梨県) 首都圏コースガイド一覧へ

奥秩父の南に位置する大菩薩嶺は、その広大な稜線が大きな魅力です。遮るもののない開放的なトレイルは、このエリアのベストスポットといえます。眼下に甲府盆地、遠方に富士山や南アルプスを望みながら、日本百名山の大菩薩嶺コースを紹介します。

大菩薩峠登山口バス停を起点にスタート。バス停から車道を登ると10分程度で丸川峠分岐駐車場に着きます。この分岐から千石茶屋方面に行き、登山道へ入ります。全行程は15キロほどですが、標高差は1000m以上あります。登りでは体力を温存し、稜線と下りでランするといいでしょう。

最初の登りは岩がゴロゴロした砂地です。急坂は少なく、ペースを乱すことなく登っていけます。2つの展望台を抜けるとやがて上日川峠に着きます。ここは車で上がることが可能(舗装路)で駐車場も完備されています。ショートコースを計画する場合はここを起点にするといいでしょう。

上日川峠からは緩やな登りになります。山梨の森林100選にも選ばれた森はとても美しく、ブナやミズナラ、アカマツ、シラカンバなどの樹木が広がっています。福ちゃん荘、富士見山荘などのエリアを抜ければ大菩薩峠は目前です。標高1897mの大菩薩峠からは眼下に大菩薩湖、甲府盆地、遠方には南アルプスや八ヶ岳の展望が満喫できます。

大菩薩峠でひと休みしたらいよいよ稜線トレイルです。まずは親不知ノ頭を経て賽ノ河原へ。時間があれば賽ノ河原から右手に見える小高い頂(妙見ノ頭)に寄るのもおすすめ。大菩薩峠から雷岩まで続く稜線は視界が良く、適度なアップダウンで気持ちのいいランが楽しめます。大菩薩嶺まで40分ほどのラン&ハイクですが、大菩薩嶺のメインスポットを存分に味わいましょう。

雷岩を抜けると樹林帯に入り、すぐに大菩薩嶺に着きます。ここは木々に囲まれているため、山頂で記念撮影を忘れずに。丸川峠への下りは急坂の岩場になりますが、丸川峠から先は緩やかな下りです。下りは岩場のみ慎重に行けば、リズミカルにトレランできるでしょう。最後は林道につながり、そのまま丸川峠分岐駐車場へ。そこから舗装路を下ればバス停に到着です。

今回紹介したルートは急な下りや上り返しの少ない周回コースで、トレイルランなら4時間半前後の行程です。初心者でも安心してトライできるコースです。

レポート=アビル(編集部)

行程(時間は参考タイム)

大菩薩嶺DATA
dot_bule体力グレード(5段階)

★★☆☆☆

dot_buleコース難度グレード(5段階)

★★☆☆☆

dot_bule総延長距離

15.0km

dot_buleトータル標高差

-4m(+1336m/-1340m)

dot_bule参考コースタイム
4時間30分=大菩薩峠登山口バス停(10分) 丸川峠分岐駐車場(10分) 千石茶屋(70分) 上日川峠・ロッヂ長兵衛(15分) 福ちゃん荘(35分) 大菩薩峠・介山荘(15分) 賽ノ河原(20分) 雷岩(5分) 大菩薩嶺(45分) 丸川峠・まるかわ荘(40分) 丸川峠分岐駐車場(5分) 大菩薩峠登山口バス停 ※各ポイントでの休息時間は含みません
dot_buleアクセス
[行き]JR塩山駅発・大菩薩峠登山口行き(約30分)
7:28発、9:25発(大菩薩の湯行き=7:32発、10:16発)
[帰り]大菩薩峠登山口発・JR塩山駅行き(約30分)
14:52発、17:10発、19:00発(大菩薩の湯発=13:17発、16:44発)
※参考バスダイヤ 2009年11月現在
dot_buleおすすめ宿泊地
[裂石温泉] 雲峰荘
http://unpousou.co.jp/index.php
dot_bule日帰り入浴温泉
[大菩薩温泉] 大菩薩の湯(10:00~20:00/600円)
[裂石温泉] 雲峰荘(9:00~13:00/500円)

FUN-RUNのヒント

クルマの場合、中央道・勝沼ICから30分ほどで登山口に到着します。駐車場は大菩薩峠登山口で5台程度、丸川峠分岐駐車場なら20台弱は駐車できます。
大菩薩嶺は山荘(4月上旬~11月下旬営業)が数多く、トイレも数ヶ所あります。水や食料は適量を持てば十分です。足りないときは山荘で購入しましょう。
登山口から10分ほど下った「大菩薩の湯」は露天、ジャグジー、レストラン、物産直売など施設が充実していておすすめです。3時間以内で600円。ここからJR塩山駅へのバスもあり、便利です。

コースマップ

大菩薩嶺

toPrintMapBtn
PDF 438KB
大菩薩峠登山口バス停には茶屋があり、食事をとることも可能。足りない水や行動食は購入しておこう
大菩薩峠登山口バス停には茶屋があり、食事をとることも可能。足りない水や行動食は購入しておこう
丸川峠分岐駐車場までは舗装路で上がって行ける。マイカーならここに駐車するのがおすすめ
丸川峠分岐駐車場までは舗装路で上がって行ける。マイカーならここに駐車するのがおすすめ
上日川峠にある「ロッヂ長兵衛」。峠にある駐車場は無料で利用できる。ここから山頂を目指す登山客は多い
上日川峠にある「ロッヂ長兵衛」。峠にある駐車場は無料で利用できる。ここから山頂を目指す登山客は多い
標高1897mの大菩薩峠。正面に親不知ノ頭が見える。展望が良く、撮影のベストスポット。峠の介山荘で軽食も食べられる
標高1897mの大菩薩峠。正面に親不知ノ頭が見える。展望が良く、撮影のベストスポット。峠の介山荘で軽食も食べられる
親不知ノ頭の登り。雷岩までは岩場の多いアップダウンの繰り返し。慎重に。眼下に大菩薩湖(人工湖)が見える
親不知ノ頭の登り。雷岩までは岩場の多いアップダウンの繰り返し。慎重に。眼下に大菩薩湖(人工湖)が見える
避難小屋が目印の賽ノ河原。正面右に見えるのが妙見ノ頭。ここまでくると目指す大菩薩嶺が尾根の向こうに現れる
避難小屋が目印の賽ノ河原。正面右に見えるのが妙見ノ頭。ここまでくると目指す大菩薩嶺が尾根の向こうに現れる
大菩薩嶺の山頂(標高2057m)は木立に囲まれているため眺望は良くない。しかし登りを完了し自然と笑顔
大菩薩嶺の山頂(標高2057m)は木立に囲まれているため眺望は良くない。しかし登りを完了し自然と笑顔
大菩薩嶺から丸川峠への下り。緩やかなトレイルは軽快なランが楽しめる
大菩薩嶺から丸川峠への下り。緩やかなトレイルは軽快なランが楽しめる
丸川峠にあるまるかわ荘。この時期のウィークディはどうやら営業していないらしい。水を残しておいてよかった
丸川峠にあるまるかわ荘。この時期のウィークディはどうやら営業していないらしい。水を残しておいてよかった
日帰り入浴温泉「大菩薩の湯」。火曜定休。営業は10時~20時(冬季は19時まで)
日帰り入浴温泉「大菩薩の湯」。火曜定休。営業は10時~20時(冬季は19時まで)

ページのトップへ戻る