トップページ > 燃えよトレラン > 小山田隆二さん

燃えよトレラン | 『燃えよトレラン』ではトレランに燃える、熱きランナーたちを紹介していきます。

小山田隆二さん

2016/04/03 今回の主人公

第78回 小山田隆二さん

TDT仲間では『リュウG』と呼ばれる小山田隆二さん。八ヶ岳スリーピークスのコースディレクターとして有名な方なのですが、 子供の頃、クラスに必ずいる、いたずらっ子の人気者が、そのまま大人になった感じでしょうか(笑)。ハートで走る男、たぶん、気持ちが入ったら誰よりも強い。そんなリュウGから今年も目が離せません!(紹介者=釘嶋岳幸)

いつから山を走るようになったのですか?

UTMFチャレンジ3回目の2015年大会参戦中
UTMFチャレンジ3回目の2015年大会参戦中

 ずっと好きで続けてきたサッカーに限界を感じたのが37歳の頃。このまま歳を取ってしまうだけの人生、熱くなれる物はもうないんだと諦めかけてました。そんな時、出張先で一冊の雑誌に出会います。それはトレイルランの専門誌ではありません。その中の1ページ、4分の1ぐらいの写真に衝撃を受けました。「リュックサックを背負って山を走ってる、、、?何これ、、、トレイルランニング??」。一気に興味が湧き山梨に帰り早速近くの山に入りました。初めて走るという目的で入った山、登山道はアスファルトには感じられない様々な感触やいろんな足音。本当に心地良かった。そしてサッカーと同じくらい熱くなれるという直感を感じ、僕のトレイルランニングライフが始まりました。

これまでトレランをやっていて最も感動したことは

UTMF2015で最後のエイドを出るときに、鏑木さんとグータッチしてエイドを出発
UTMF2015で最後のエイドを出るときに、鏑木さんとグータッチしてエイドを出発

 今年で4回目になりますスリーピークス八ヶ岳トレイルに運営側で絡ませて頂いてます。
過去3回開催されましたが毎回たくさんの感動をもらってます。いろんな思いでたくさんのランナーの方々が自分が決めたコースを走る姿を見るだけで胸が熱くなります。八ヶ岳は本当にいいところなので是非たくさんの方に来て頂きたいです。自分が走る方では初めて出場した第2回UTMFです。サッカー時代も走ることは得意ではなかったり、過去に出たハセツネでは20時間もかかりフラフラでなんとかゴールしました。なんか向いてないのかなとか一瞬思ったのですが答えは簡単でした。トレーニングが足りてない(笑)。まずはトレーニングを継続しようという目標でリスタートしました。そしてUTMF、初めての100マイルの日がやって来ました。
 当日の明け方、驚いたことに発熱しまいます。妻にバレたら出させてもらえなくなるのでこっそり病院へ行き点滴を打ちに。サポートをお願いしてる松井裕美さん(スリーピークス八ヶ岳トレイル事務局)ととにかく行けるとこまで行こうと決めました。スタート後もともと遅いから調子もよくわからない(笑)。なんとかかんとか進んで行き富士山の斜面の四辻から太郎坊に下る途中に湖が見えました。芦ノ湖が見える…ん? 違う! 山中湖だ! 山梨に近づいたことに感動し涙が溢れ出しました。とにかく進むという目標が絶対ゴールしてやる! という目標に変わった瞬間でもありました。舞台は山梨に入りしかも自分が生まれ育った地域を通ります。子供の頃に遊んだところばかりで懐かしい気持ちになり楽しい思い出と共に通過しました。河口湖にたどり着き対岸にゴールの八木崎公園が見えたところから涙が止まらなくなりゴール手前で松井さんが出迎えてくれて号泣(笑)。ゴールには家族と仲間がいてくれて号泣(笑)。40時間もかかってしまい辛く苦しい場面もありましたが100マイルの素晴らしさとゴールをする意味の大きさ、そしてトレーニングの継続の大切さ感じることが出来ました。                   

普段のライフスタイルは、どのようなトレーニングをしていますか?

4月から働くアウトドアショップの社長石川さんと。 石川さんもトレランをするので、この時は山梨の里山を一緒に楽しみました。 本当に尊敬できる先輩dえす
4月から働くアウトドアショップの社長石川さんと。 石川さんもトレランをするので、この時は山梨の里山を一緒に楽しみました。 本当に尊敬できる先輩dえす

 トレーニングに関しては「継続」が永遠のテーマ。平日の夜ロードを走り週末に山に入る感じです。インターバルやスピードトレーニングは一切やりません。やらなきゃとは思っています(笑)。月間走行距離は300kぐらいで目標のレースに対して長めのトレイルを入れたりします。実は山も大きな山はあまり行きません。近くの山をどう繋ぐかということを楽しみながら走ったりしてます。コースを繋ぐ、山を繋ぐことが大好きなんですよね。
 これからは生活環境も変わります。今までは普通の会社員でしたが、この4月から仕事を変え甲府にあるアウトドアショップ『SUNDAY』にお世話になります。更にこのSUNDAYから新たにランニングに特化したお店が出ます。『TODAY RUNNING COMPANY道がまっすぐ』という店名で甲府駅北口甲州夢小路内にて4月後半にオープン予定、こちらの店舗に立たせて頂くことになりました。生活が完全に変わりますのでトレーニングもどんな感じになるかわかりませんが、仕事でランニングに密接になれることがとても楽しみでワクワクしてます。今以上にランニングが好きになるこは間違いありません(笑)。通勤ランがトレイルランニングになりそうな予感です。贅沢ですね(笑)。あとはチームの存在。今年で結成4年目になります『Boomerung trailholic』というトレイルランニングチームに所属してます。「ブーメランは投げたら必ず手元に帰ってきます。僕らも山に行ったら必ず帰ってこよう!」。スペルを少しいじってありますが、そうゆう意味が込められています。メンバーは14名、純粋に山を走ることが大好きな仲間が集まりました。週末にはまとまって走るのではなくそれぞれがいろんな山に行き山梨の素晴らしいところを発信しています。これからもこの仲間と山梨の山を駆け抜けて行きたいと思います。 

最近チャレンジした事、 自分なりに頑張った事

トレイルランニングチーム『Boomerung trailholic』の仲間たち
トレイルランニングチーム『Boomerung trailholic』の仲間たち

 先ほども出ました「山を繋げる」ということが大好きで、登山者がいないトレイル、たいした標高もないのに累積が取れるコースを探しています。やはり山梨のトレイルですがラウンドすれば60k~70k、累積が6000mぐらい行きそうな通称『リューGMB』というルートがあり、数回チャレンジしてますが物の見事にすべてDNFです(笑)。最高で約50kで累積5000mのところまで行きましたがダメでした(笑)。このコースを近いうちコンプリートさせたいです。更に言うとここからまた山を繋ぎ距離を伸ばせるんです。欲張るわりには自分が走りきれない(笑)。いつか100マイルなコースを作り上げたいです。

これから(直近or近い将来)に目標にしている事

アウトドアショップ「SUNDAY」で開催したチャリティランに スタッフやお客様と一緒に参加した写真です
アウトドアショップ「SUNDAY」で開催したチャリティランに スタッフやお客様と一緒に参加した写真です

 今はたくさんのランナーの方々が海外のレースに参加してます。僕も海外の山を走りたい気持ちはありますが現実的に難しかったり、たいした実力もないのでお土産話で妄想していきます(笑)。それよりも日本のいろんなトレイルを走ってみたい。国内のレースもたくさん増えたので本当に気になります。基本はウルトラトレイル、長い距離にチャレンジしていきたいと思っています。100マイルという物に出会い本当にトレイルランニングの奥深さを知ることが出来ました。まだまだ入口ですのでこれからもずっと楽しんで走りたいです。そして山梨という地。サッカー時代は見向きもしなかった山梨の山、山梨の良さ。トレイルランニングに出会ったことで自分の故郷が本当に素晴らしく贅沢な場所なんだということを気づかせてくれました。その素晴らしさをスリーピークス八ヶ岳トレイル、Boomerung、SUNDAY、道がまっすぐというトレイルランニングが繋いでくれた縁でたくさんの方々に発信して行きたいと思います。

小山田隆二(おやまだ・りゅうじ)

1972年1月12日生まれ、山梨県笛吹市在住。幼少から中学1年途中まで野球をやりサッカー部顧問にサッカーを勧められそれ以来サッカーの虜に。大学時代には単身ブラジルに留学したことも。大学卒業間際にサッカー仲間からお笑いの道に誘われるがサッカーを続けたいがために断る。誘ってくれた仲間は現在「ペナルティ」としてお笑い界で活躍中。本人はそのままサッカーの道へ。クラブチームでサッカーをやり続け、限界を感じ37歳で引退。「やばい、俺はサッカー以外何もないといんだ」とうことに気づく。出張先で休憩してたマンガ喫茶で人生が大きく変わることに。1冊の雑誌の小さな写真、リュックサックを背負って山を走ってる写真にいっぱつで引き込まれた。トレイルの感触は気持ち良く、トレイルの足音はなんとも心地いいものでした。その日以来トレイルランニングを続け環境も大きく変わりました。『スリーピークス八ヶ岳トレイル』のコースディレクターをやったり、『Boomerung』というチームを立ち上げ素晴らしい仲間と出会い、『道がまっすぐ』において新しい人生が始まります。人生を楽しみ何事も「継続」という永遠のテーマと共に頑張っていきたいと思います。

足音を奏でて。

小山田隆二(おやまだ・りゅうじ)

パーソナルDATA
dot_bule自己分析『燃えラン度』

自己分析『燃えラン度』

dot_buleロード・トレラン比率

ロード・トレラン比率

dot_buleランニング以外の特技or得意分野

読書

dot_buleランニング歴・記録

トレイルランニング歴 7年
2013年UTMF 40時間35分
2014年UTMF 37時間
2015年UTMF 31時間36分

dot_bule過去1年の出場レース TDT100mile(4月) おんたけウルトラトレイル100k(7月) UTMF(9月) TDT100mile(11月) NAEBA-RISING(3月)

小山田隆二さんご紹介による 次回『燃えラン』主人公は、舘下智さんです!

小山田隆二さん
小山田隆二さん

舘下智さん
舘下智さん

ページのトップへ戻る