トップページ > 燃えよトレラン > 舘下 智さん

燃えよトレラン | 『燃えよトレラン』ではトレランに燃える、熱きランナーたちを紹介していきます。

舘下 智さん

2016/05/06 今回の主人公

第79回 舘下 智さん

レユニオンのゴーストと言われた男。やれば出来るのにあえて最終ランナーを狙ったりするスタイルがとても好きです。昨年のUTMFでもレース中にも関わらず僕のゴールのアップにコメントしてくれました。その余裕をレースにぶつければ確実に上位に入る人です。でもいつもなんやかんや言っても、疲れた顔していても確実に前に進む精神が素晴らしい。これからも舘さんらしい走りやスタンスでランニングを楽しんでもらいたいです。(紹介者=小山田隆二)

いつから山を走るようになったのですか?

2014年のレユニオンにて。先にゴールしたヤマケン(手前右)とクルーの皆がエイドまで応援に来てくれた。魂が抜けかけていたけど、かなり復活した
2014年のレユニオンにて。先にゴールしたヤマケン(手前右)とクルーの皆がエイドまで応援に来てくれた。魂が抜けかけていたけど、かなり復活した

10年前ですかね。社内の知り合いから、24時間かけて山を歩いたり走ったりする面白い大会あるから出てみたらと言われ、初デビューが『ハセツネ』(日本山岳耐久レース)でした。第一関門に着いたときには腸脛靭帯が痛くなっていて、出場した事を後悔しながらゴールまで歩きました。
 その後、なんとなく続けていましたが『UTMB』のテレビ番組を見て、あんな凄い景色の中を走りたいと思って、のめりこみ始めたのが5年前くらいです。UTMBに出場するためのポイントをゲットするために、2012年は『道志村』、『奥久慈』、『おんたけ』、『信越五岳』、『ハセツネ』とひと月毎にレースに出場しました。

これまでトレランをやっていて最も感動したことは

2014年のレユニオンにて。54時間も掛かったけど、ゴールまで辿り着いた。とにかく100マイルはキツイけど超楽しい
2014年のレユニオンにて。54時間も掛かったけど、ゴールまで辿り着いた。とにかく100マイルはキツイけど超楽しい

 2014年にレユニオン島の100マイルレースに出場した時なのですが、ゴールまであと10㎞程くらいだったかな。159㎞地点のエイドステーションに、先にゴールしたヤマケン(編集部注:ヤマケン=山本健一選手。第1回トップランナーに登場)とチームヤマケンの皆が応援に来てくれて応援してくれたことです。みんな睡眠不足で疲れていたはずなのに本当に嬉しかった。あれで最後までの気力がみなぎりましたね。
 感動というか、トレランをやっていてよかったなぁと感じていることは、トレランをやるようになってから沢山の出会いに恵まれたという事です。レースを通じて知り合ったり、仕事を通じて知り合ったり出会いは様々ですが、とにかくそれが一番の宝物だと思っています。

普段のライフスタイルは、どのようなトレーニングをしていますか?

100マイルレースを目指すきっかけになった2014年のUTMB。憧れの舞台のスタート地点にて
100マイルレースを目指すきっかけになった2014年のUTMB。憧れの舞台のスタート地点にて

インターバルとかペース走、筋トレといったような特別な事はしてなくて、朝か夜に近所の高尾山へ走りに行くことくらいです。その時に、登りで腿を高く上げたり、なるべく歩かないようにするというような意識はしたりします。月間の走行距離も意識したことはないですね。とにかく自分の体の状態をよく把握して無理しないように気を付けることですね。とりあえず山の近くに住みたかったので、2月に高尾に引っ越しました。高尾付近には面白いメンバーが集まっていて、よく一緒に走ったりするのですが速過ぎてついていけません。

最近チャレンジした事、 自分なりに頑張った事

UTMBコース上で最後の峠越え。奥に見えるモンブランとシャモニーの街が見えたときはちょっと泣きそうになった
UTMBコース上で最後の峠越え。奥に見えるモンブランとシャモニーの街が見えたときはちょっと泣きそうになった

 最近は特にこれといったチャレンジはしていませんが、『ハセツネ30K』に出場している仲間を応援するために高尾から和田峠まで全力で走ったことかな。第一関門の通過時間に間に合うかどうか微妙だったので、結構頑張りました。(笑) 

これから(直近or近い将来)に目標にしている事

HRCの面々。山ではいっぱい刺激をもらって良いトレーニングが出来ています。皆、速すぎるのです
HRCの面々。山ではいっぱい刺激をもらって良いトレーニングが出来ています。皆、速すぎるのです

 フルマラソンを4時間以内でゴールしたいです。ロードはどうも苦手意識があるので、それを克服したいと思っています。あとは国内のトレイルレースにも出場してしっかり走りたいですね。いつもギリギリでゴールしているので、もう少しだけ余裕をもってゴールしたいです。山の近くに居を移したので、ここをベースに自分を鍛えなおして海外レースへの挑戦も出来るだけ続けていきたいです。

舘下智(たちした・さとる)

1976年4月26日生まれ。東京都八王子市在住。学生時代はサッカー部所属、ポジションはGKだったのであまり走っていません。トレラン活動履歴は10年で、2013年UTMF、2014年UTMB、2014年グランレイドレユニオン、2015年UTMFを完走しました。今年2月に横浜から高尾へ引っ越ししてHRCの仲間と共に夜な夜な、もしくは早朝に高尾を徘徊(走って)しています。そんなメンバーと共に高尾山をベースに面白い事が何かできたらいいなぁと模索中です。職業HOUDINIセールスマネージャー。

Runners Pulse

舘下智(たちした・さとる)

パーソナルDATA
dot_bule自己分析『燃えラン度』

自己分析『燃えラン度』

dot_buleロード・トレラン比率

ロード・トレラン比率

dot_buleランニング以外の特技or得意分野

テレマークスキー

dot_buleランニング歴・記録

トレイルランニング歴10年
2013年UTMF 45時間08分
2014年UTMB 45時間09分、
2014年 グランレイドレユニオン54時間
2015年UTMF 45時間57分

dot_bule過去1年の出場レース スリーピークス八ヶ岳トレイル(6月) サロマ湖ウルトラマラソン(6月)リタイヤ 分水嶺トレイル(7月) UTMF(9月) 長安フォード ゴビマラソン(11月) OMM ロングストレート(11月) 修行走(12月)

舘下 智さんご紹介による 次回『燃えラン』主人公は、佐藤千大さんです!

舘下 智さん
舘下 智さん

佐藤千大さん
佐藤千大さん

ページのトップへ戻る