トップページ > 燃えよトレラン > 中谷論平さん

燃えよトレラン | 『燃えよトレラン』ではトレランに燃える、熱きランナーたちを紹介していきます。

中谷論平さん

2016/07/01 今回の主人公

第81回 中谷論平さん

関西のマウンテンランナー、ロンペイ君。今年の3月、兵庫で行われたローカルキャンプイベントでは様々な面でクオリティーの高さに脱帽しました。仲間からの信頼も厚く、トレイルランニングに対する思いも激熱です。今後も関西のトレイルランニングシーンを盛り上げていくことを確信しています。また関西に行ったら遊んでね。(紹介者=佐藤千大)

いつから山を走るようになったのですか?

2015年東京勤務最後のラストランは勿論思い出の高尾山。最後の面子がこの人達って所が最高でした
2015年東京勤務最後のラストランは勿論思い出の高尾山。最後の面子がこの人達って所が最高でした

 16年前に当時の仕事仲間の方のお誘いを受けて登山を知り、山に定期的に遊びに行くようになりました。その流れで7年位前から並行してトレイルランニングもするようになりました。今でもそうですが「装備、特に重量」という点を除けば、あまり境界線を持たずに登山もトレイルランニングも行っています。走る事のメリットと言えば、短い時間でより多くのコース取りが出来ると言う事だと思います。エスケープルートが少ないワンウェイコースや小屋などのない低山繋ぎのロングルートなどは走ることが多いです。逆に日本アルプス等の大きい山脈の縦走等は走れる場所も少ないですし、そういう場所を何とかして走ろうとしても無理が生じて面白くないと感じてしまうので、しっかり歩く事にしています。                                   
 初めて「走り」に行ったのは関東ではポピュラーな高尾山でした。それまで歩きに何度も訪れた場所でしたが、つたない走りながらいつもより相当遠くまで進めて充実感を感じたのはよく覚えています。実を言うとそれまでは根拠のない(笑)アンチイズムで「早く歩いて、走る連中と同じスピードで進んでやる!」と偏った登山目線で登っていましたが、いざ走り出したら素直に「あぁ、これはこれで面白い」って思いました。それからは上記の通り場所や状況に応じてフレキシブルにスタイルして遊ぶようになり、現在に至ります。

これまでトレランをやっていて最も感動したことは

2015年OMM TUMAGOIにて先輩の舘下さんとのゴールシーン。初めてレースでうるっと来た瞬間です(笑)
2015年OMM TUMAGOIにて先輩の舘下さんとのゴールシーン。初めてレースでうるっと来た瞬間です(笑)

 笑える話ですが、普通のダイエットより早く痩せた事です。今でもそうですが、単純に自然を謳歌したり、その土地に行って美味しい食べ物を堪能したり、ローカルと繋がったりと言った事は山を楽しむ最大の醍醐味だと思っています。またそれとは別に僕の中では「生涯フィットネス」的な部分もあります。アウトドアアクティビティは頻度や内容などを上手くコントロースしていければ、怪我なく永く続けることが出来る遊びだと思います。その際に元気に遊び続ける為に動ける体をキープしておく事は、心身共に重要な要素かなと思っています。トレイルランニングは特に強度の強いアクティビティなので、その効果も高いかなと思います。走り出して2ヶ月くらいした時に、久しぶりに登場したお腹の縦線は感動しました!
 あとはトレイルランニングではありませんが、会社の先輩(第79回登場の舘下智さん)とバディを組んだOMM TUMAGOIは思い出深いです。同じ会社ながら離れた土地で働いているのでちゃんとセッションしたことがありませんでしたが、数々の難関レースを完走してきた人との丸2日間のハードコアセッションは、何か無になって楽しめた特別な時間でした。
 いつもレースではゴールしても「フゥー終わった」って感じで割と冷めた感じなんですが(笑)、ゴールで心アツく感動したのは初めてでした。バディがいるからこその醍醐味を味わえたなと思います。

普段のライフスタイルは、どのようなトレーニングをしていますか?

六甲ナイトランニングの一コマMAGMA仲谷氏の熱い気持ちに応えて集まった面々にて、楽しみながらも全力セッション
六甲ナイトランニングの一コマMAGMA仲谷氏の熱い気持ちに応えて集まった面々にて、楽しみながらも全力セッション

 平日は定期的に夜に仲間で集まって、兵庫の六甲山周辺をナイトランニングしたり、大阪城周りをロードランしたりが最近のルーティーンです。ランニングに関しては「トレーニング」という感覚は余りにも競技的過ぎるので持っていませんが、仲間で集まって楽しんでいます。                                     
 あとは最近ハマっているのが動的なコアトレーニングで、最近は走らない日を意識的に作って、あえてのコアトレーニングDAYを作って新しい刺激を体に取り入れたりしています。
 動的コアトレーニングはこれからお店(勤務先のフルマークス大阪店)のイベントなどで推奨していきたいと思いますが、トレイルランナーの多くがいわゆる「筋トレ」は自重などの関係でやらない方が多いと思いますが、きちんとしたトレーナーの元、正しい知識で行うと山にも効果的です。仕事などで忙しい方でも集中して行うことで、短い時間で強度のしっかりしたトレーニングが出来ます。瞬間はすごーく辛いですけどね(笑)。走る、跳ねる、ひねる、掴むなど多様な動きを必要とする山ならではのアクティビティにはケガの予防も含めて、強い体作りは決してマイナスではないと思います。

最近チャレンジした事、 自分なりに頑張った事

Mraio Lewis Mountaineeringのイベントの一コマ。ローカリズムのオピニオンリーダー北野拓也氏の影響力は僕の中ではとてつもなく大きいです。憧れであり目標
Mraio Lewis Mountaineeringのイベントの一コマ。ローカリズムのオピニオンリーダー北野拓也氏の影響力は僕の中ではとてつもなく大きいです。憧れであり目標

 近年のテーマとして「ローカル活動」があります。その一環として、今住んでいる兵庫県加古川市にまつわる仲間で結成した「Mario Lewis Mountaineering」でローカルレースを開催した事です。ミニマルだからこそ出来る事がありますし、近年問題になっているようなマナー問題などは、結局のところその地に根を張る人間達が解決するべきだと思っています。
 公募型のイベントではなく、僕たち自身がゲストとして遊びに行った先で出会った各地のアツいローカル達を招待型でエントリーしてもらって開催しています。いずれは公募型もとは思いますが、今は「参加者の顔の見える」「主催者の意見に賛同してくれる」「リスクを真剣に考えてくれる」という部分で招待型の小さなパックにしています。
 今はまだこういったローカル活動はどこも小規模なものでしかありませんが、そう遠くない将来ビッグレースとは違う側面で、こう言った活動も増えてくるんじゃないかと思いますし、そういった地域密着型の活動が新たな調和を生んでいければ、このシーンもさらに面白くなるんのではないかと思っています。
 大きな広告や豪華なノベルティはないけれど、日々山で交流を重ねた地元民同士でアクティビティの形態は関係なくしっかりと連携して、内容重視の面白い遊びが続けていけたらなと思います。

これから(直近or近い将来)に目標にしている事

FULLMARKS大阪店。山本健一選手が使うHOUDINIの取り扱いは関西NO1
FULLMARKS大阪店。山本健一選手が使うHOUDINIの取り扱いは関西NO1

 上記のローカル活動はこれからも活性化させていきたいなと思っています。       
 お店(フルマークス大阪店)をより多くのトレイルランナーたちの交流の場としていくこと。あ、娘が2人いるので成人までしっかり育てていく事、まぁあとは理想的な体型を手に入れる事(笑) 

中谷論平(なかや・ろんぺい)

1980年2月13日生まれ。兵庫県加古川市在住。学生時代はバスケットボール三昧。いわゆる「スラムダンク世代」です。引退後は仲間と音楽に没頭。いわゆる「パンクロック世代」(笑)ライブハウスに通う日々でしたが、就職した先の先輩がいわゆる「やまや世代」の方々ばかりで、問答無用で山に。今思うと恥ずかしくなる様な装備で「こんな事してないでライブいきてー」と思い、嫌々ながら登った山デビューでしたが、山頂(金峰山)に到着したその時の景色に一発で心打たれてからはすっかり山の虜に。その後は同世代の山仲間がいなかったので独自で調べながら独り黙々と登り続ける中で、アウトドアメーカー転職とともにトレイルランニング文化も知り、これまた今思うと恥ずかしくなるような(笑)登山の装備の延長で山を走るように。今まで以上に山のアクティビティとしてトレイルランニングにハマる続けていく中で、今まではあまり出会わなかった同世代との交流も増え、現在は各地に仲間が出来て旅する感覚でトレイルランニングや山登りを楽しむ日々です。

SAN12AGE MONKEYS

中谷論平(なかや・ろんぺい)

パーソナルDATA
dot_bule自己分析『燃えラン度』

自己分析『燃えラン度』

dot_buleロード・トレラン比率

ロード・トレラン比率

dot_buleランニング以外の特技or得意分野

読書

dot_buleランニング歴・記録

ランニング歴7年・特出する記録は本当にありません。

dot_bule過去1年の出場レース STY2015(9月) Nightmare60k(Sky High Mountain Works主催ローカル記録会/9月) 第二回奥三河パワートレイル完走(5月)

中谷論平さんご紹介による 次回『燃えラン』主人公は、別府浩司さんです!

中谷論平さん
中谷論平さん

別府浩司さん
別府浩司さん

ページのトップへ戻る