トップページ > T×R×G SELECTION 2015→2016 トレランギア・アワード 2015

T×R×G SELECTION 2015→2016

「スポーツギア=用具」にはスタイルと機能が集約されている。しかし、日常われわれがまとう衣服同様にそこには「機能美」が存在する。デザインと機能が融合して生まれるプロダクツ。時代はいまライフスタイルや思考まで反映させようとしている。“スポーツギアは美しくなくてはならない”。走り、登るためのシューズ、荷物を運搬するためのパックでいいのか。機能とは何か。機能が創りだすデザインとは――。トレイルラン二ング・ギアの最前線を確認したい。

特集02

トレランギア・アワード 2015

プロショップバイヤーの間で評価の高かったトレランギアはいったい何だったのか? アウトドアギアの専門家たちが選んだ「2015年の優れモノ」をここに発表。着目点は人それぞれだが、ベースとしてプロダクツの真価は「機能性×デザイン」であることが解かる。
ここではランキングの結果と選者のコメントのみお伝えする。プロダクツの詳細は取り扱いブランドサイトを参照いただきたい。来る2016シーズンの用具選びの参考になれば幸いだ。

選考のプロセス

全国有名プロショップ11店舗14名のバイヤー、トレラン王国でも活躍する3名のギア・アナリスト、計17名の選考委員にご協力いただき、「シューズ」「パック」「ハードマテリアル」「ソフトマテリアル」「アプリケーションギア」の5部門で2015年の優秀なギアの選考を行った。選考委員にはオーバーオールで特に優れていると認めた10アイテムをリストアップいただき、ランクに基づき点数化し、ランクング(BEST1〜5)を決定した。
「シューズ」「バック」はBEST5まで、その他の部門はBEST3(順位付けできない場合は2位まで)までをランク化。また総合ポイントでランキング上位に漏れたギア(アイテム)の中から、選考委員が熱烈プッシュするイチ押しを「リコメンド」として紹介した。こちらも秀悦なギアがひしめいている。

シューズ部門

BEST1

RECOMMEND

斎藤勇一
さかいやスポーツ シューズ館

ベストセラーモデル『C-lite』の後継とも言うべき、ロングも行けるバーチカル系シューズ。深いラグが高いグリップ力を保ち、強力な登りをサポートし新開発のラッピングシステムのアッパーは高いフィット感を生みだし足との一体感を作り出します。

大和田 健
カモシカスポーツ山の店・横浜店

抜群のグリップ力と距離を問わず使える適度なクッション性を併せ持っていて、様々なレベルのトレイルランナーにおすすめできるモデルだと思います。今年いちばん使用しています。同じソールを使っていた同社の『C-lite』も愛用していました。

BEST2

RECOMMEND

齊藤 健
カモシカスポーツ山の店・横浜店

見ためを裏切る軽量さと、HOKAならではのクッション性が両立しているトレランシューズ。大きめのブロックパターンのソールがぬかるみでもグリップ性を発揮してくれるため安定して走ることができるんです!

芦川 雅哉
ATC Store

足入れのしやすさ、グリップ性能、走破性などバランスのとれた内容に仕上がった、今シーズン当店でいちばん人気の高かったモデル。さらに軽量ということもあり、ベテランからビギナーまでトレイルランを楽しむことがでる点が高評価。

BEST3

RECOMMEND

斎藤勇一
さかいやスポーツ シューズ館

ゼロドロップシューズ、アルトラの『ローンピーク』が今期、さらにアップグレード! 安定感のある足元はバランス感覚に優れ、適度なクッション性とグリップ力があらゆるトレイルを走破。アッパーを大幅変更することで履き心地とフィット感が向上しています。

芦川 雅哉
ATC Store

シリーズ4代目となるこのモデルは、抜群の安定感とグリップ性、軽量化が向上して、これまでの高評価も相まってリピーターの支持を集めました。晩夏の登場にもかかわらず下半期の売れ行きはダントツです。

BEST4

RECOMMEND

礒村真介
トレイルライター/ランナー

モントレイルのフラッグシップモデルがリニューアル。リニューアル後は少々、重くなったが、これは走行安定性および反発力を高めるためのもの。地面からのレスポンスが得やすく、走り味はむしろ軽快に。いたずらに軽量化を追求しない、まっとう至極なバージョンアップの方向性に拍手を送りたい。

佐藤順子
アートスポーツ神戸三ノ宮店

安心の一足。ショートからロングまで使えるオールラウンドモデル。クッション性とグリップ力のバランスが良く、もうまさに安心の1足です。自身でも何足も穿きつぶしていて、日本でいちばんバハダを買っているかもしれない自分にとっては、やはり外せない一足です。

BEST5

RECOMMEND

宮部慎也
さかいやスポーツ ウェア館

従来の『XTウイング』のカカトのボテっとしたシルエットと重量感が減り、フラットで安定感のあるインナーソールは様々なトレイルで走りやすさをキープ。アウトソールのラグは浅めでスピードに乗った走りをする、玄人好みのシューズです。

礒村真介
トレイルライター/ランナー

「下りを攻めるため」という、ありそうでなかった立ち位置のシューズ。すなわち剛性、安定性が高く、幅広いレベルの人のレース決戦用シューズになります。もちろんサロモンアスリートも主に100マイルで使用。近年、海外のトップトレイルシーンでは下りのスピードが勝利のカギとなっている。

バックパック部門

BEST1

RECOMMEND

礒村真介
トレイルランナー ライター

2015年にリニューアルし、使い勝手が大幅に向上したベスト型パック。契約アスリートから市民ランナーまで、多くの100マイラーがこのベストを「着て」完走しました。ランナーのナマの声での評判がすこぶる高い。ベストのように背負うパックは多々あれど、フロント部の合わせやポケットなど、造りが完全にベスト状になっています。

桑原 慶
Run boys! Run girls!

2015年に自分が最もよく使ったベスト型ザック。フロントポケットの容量が大きく、大量の補給食を収納可。背面のポケットにも背負ったままアクセスできるため、10時間を越えるレースで一度もザックを降ろさなかった事も。ソフトフラスクを肩の上部で収納する構造も最低限のアクションで給水ができて良い。容量こそ7リットルだが、ITJ、奥三河、奥久慈、SPA TRAIL、ハセツネ等の中距離レースから、100マイルのUTMBまで活躍。Sサイズであれば女性でもフィットする。

BEST2

RECOMMEND

奥野博士
信州トレイルマウンテン 

とにかくデザインがすっきりしているのに、収納能力が高く、ストレッチ素材を使うことで荷物の揺れやポケット内の揺れがほとんどない。『ラッシュ7』では荷物が入りきらない長距離のトレイルランにも対応できるので使いやすい。

大和田 健
カモシカスポーツ山の店・横浜店 ザック担当

12リットルの表示ながら、ストレッチ生地の本体の荷室は、とにかく詰めてしまえばどんどん荷物が入ります。これはトレランツーリングに行く時にすごく助かります。ショルダーのポケットも使い勝手が良くて、この便利さを上回るものはなかなか出てこないのでは。

BEST3

RECOMMEND

若林 水
アートスポーツODBOX本店

トレイルザックを初めて選ぶ方でも使いこなせるシンプルなザック。一つひとつのパーツやポケットの位置がサイズより使いやすいように配置されていて高機能。フィッティングもやさしく女性でも愛用する方が多く、レースでも良く見かける。ロードランからロングトレイルまで幅広く使える一品!

中込真太郎
アウティングプロダクツELK ストアマネージャー

やはり日本のブランドが日本人のために作ったと感じる、「背負い心地」と「機能」ともに文句の付けどころのないトレイルランニングパック。ショルダーベルトに付いているポケットは伸縮性もあり、大きなボトルも入れられるし走っていてもブラブラせずに安定します。

BEST4

RECOMMEND

芦川 雅哉
ATC Store

「背負う」ものだったパックが「着るもの」になり、ついにここまできたかという感慨も。それでいて収納力は申し分なく、取り出したいものが着たまますぐに取り出せるので、レースからツーリングに幅広く対応したマルチユースモデル。

佐藤順子
アートスポーツ神戸三ノ宮店

驚きの3L! 昨今のサロモンのトレランギアの商品の開発力と力の入れようには目を見張るものがあり、フィッティングの良さはもちろんのこと、削れるところは削って軽さにも徹した、攻めている商品です。

BEST5

RECOMMEND

桑原 慶
Run boys! Run girls!

レース用のベストを製作する個人ブランドとして立ち上がった「ANSWER4」だが、2015年はギアだけでなく、その独特な世界観が非常に際立った。“ぴょん太郎”という謎のうさぎのイラストが描かれたウェアやボトルを次々リリースし、多くのトレイルランナーのファンを増やした。エッジの立ったプロダクト、自由奔放なアイテムリリース、トレランコミュニティとの絶妙な距離感等、2015年現在、最も今っぽいトレランブランドという事で選定。

礒村真介
トレイルランナー ライター

高尾山の麓に住むコアなトレイルランナーが夜な夜なミシンを踏んで開発しているパック。いわゆるガレージメーカー。軽い素材と見事な重心バランスで、背負ったときのストレスが少ない。2万4500円と決して安くはないが、セミオーダーできるのも魅力。

ハードマテリアル部門

BEST1

RECOMMEND

佐藤順子
アートスポーツ神戸三ノ宮店

ポール界の革命児! 1本90グラムの軽さは驚異的。手に取れば「おぉ!」と感嘆の声が出ること間違いなし。折りたたみ式やスライド式でもなく、終始そのままの形で、背中に携帯すると見ためは狩猟民族の弓のようで格好良い。いま欲しいギア、ダントツのナンバーワンです!

齊藤 健
カモシカスポーツ山の店・横浜店

2本セットでも重量170グラム以下という超軽量カーボンポール。極細のシルエットながらも十分な強度をもっているので登山でも使用可能です。トルデジアンで入賞した小野選手も愛用。

BEST2

RECOMMEND

武内幸雄
アートスポーツODBOX本店

トレイルでもロードでも手軽に使え、計測したデータをBluetoothでスマートフォンへワイヤレス送信可能。さらにランデータをムービーでレビューでき、写真まで組み込める。もちろん仲間とネットワーク上で共有もできます。ハートレートベルトを付ければ心拍も取れ、より効率的なトレーニングをサポート。これ一本でアウトドアアクティビティーをフルカバーしてくれます。

都倉翔太
アートスポーツ渋谷店

何と言ってもバッテリーの持続時間が長いこと良い。1秒間隔補足でも20時間もつのが魅力で、最大200時間というのが驚き。またスマートフォンとBluetoothで接続でき、走り終わってすぐにデータをアップできるのが楽しい。スントムービーもSNSサイトにアップでき、友達とシェアすることも簡単。

ソフトマテリアル部門

BEST1

RECOMMEND

酒井 丈
さかいやスポーツ ウェア館

今までありそうでなかった、防水透湿素材のなかでも抜群の透湿性の良さを誇る「ポーラテック・ネオシェル」を使用した軽量ジャケット。生地が非常に柔らかく、動作中のストレスもありません。斜めに配したフロントジッパーが特徴的で、デザイン性、カラー展開も秀逸。

礒村真介
トレイルライター/ランナー

ネオシェルを使用しつつ、スピーディなアクティビティに向けて軽量化した類まれな防水アウター。ネオシェルは透湿性を超えた「通気性」をもつとされ、これまでは雪山ウェアに採用されることが多かったが、日本発のブランドからミニマル化されたモデルが登場。

BEST2

RECOMMEND

中込真太郎
アウティングプロダクツELK ストアマネージャー

夏の高地に行く時は薄いフリースとして、冬には肌に直接着るインナーウェアとして、四季を通じて使える優れものウェア。コンパクトに収納でき軽いので小さいパックにも忍ばせておけます。フードが付いているので悪天候時にも頭部を風や寒さからしっかり守ってくれます。

若林 水
アートスポーツODBOX本店

フーディではなくジップネックタイプを愛用。素肌にそのまま着ても違和感なく、むしろ適度に通気してくれるので、レースやプライベートトレイルなど、オールマイティに着ることのできます。普段着でもお世話になっています。

BEST2

RECOMMEND

芦川 雅哉
ATC Store

コットン地のように見えて速乾性があり、普段着として使用しても違和感がなく、トレイルのオン・オフ問わず愛用できる点がトレイルランナーに支持された。着心地や風合いも絶妙。

桑原 慶
Run boys! Run girls!

パタゴニアの定番「ナイン・トレイルズ・シャツ」。2015年版は柔らかい肌触りと杢の質感のボディにリニューアル。この“普段着でも使えそうな見た目なのにアウトドアで使える機能を持ったTシャツ”っていうのは、実は多くの人が待ち望んでいたアイテム。これまでは技術的な壁もありそういったアイテムが少なかったが、2015年は各メーカーが杢調の化繊Tシャツをリリース。そのなかでも着心地やシンプルさがより優れていたこのモデルは大ブレイク。多くのユーザーのハートを掴んで一つのトレンドを作った。

BEST2

RECOMMEND

都倉翔太
アートスポーツ渋谷店

ヒップのジッパー付きポケットを含め、5つのポケットが付いているので、ランニング時にサプリメントをしっかり携帯できる。サイドの一番大きなポケットにはフーディニジャケットも入るので、ジャケットの持ち運びも容易。5インチ丈がまた絶妙で、下り坂での急な足さばきでも邪魔にならない。

武内幸雄
アートスポーツODBOX本店

言わずと知れたトレランショーツの代名詞的存在。ジェル、シェル、小物などを収納できるポケットの便利さは、一度使ってしまうとポケットなしのショーツが使えなくなるほど。細かい点ですが、気に入っているポイントはスピンドル。内側・外側どちらにも出せる仕様のためフィット調整の際に内側から引っ張り出すこともなく、擦れを気にせず済むので自分はいつも外側に出しています。また、サイドに短めのスリットが入っており、ダイナミックな動きをしても生地にテンションがかかることがほとんどありません。

アプリケーション部門

BEST1

RECOMMEND

佐藤順子
アートスポーツ神戸三ノ宮店

ジェル界の革命児! おいしい! こんなにおいしいジェルはいまだかつてなかった〜。それでいて41グラムで120キロカロリー。カロリーの面から言っても他のジェルとなんら遜色がないのが驚きです。それでいて足攣り防止のマグネシウムも取れるとは驚嘆。おいしすぎて摂り過ぎに注意です。

千田 誠(ランブラー)
トレイルラン・ギア・アナリスト

今年のレースでいちばん使ったのがこの『マグオン』。正直、これまでジェルは味や甘さが強く我慢して飲んでいた所があったが、マグオンはスムージーのような味わいで、レースで走りながら次の補給時間が待ち遠しいと思えるほど。グレープフルーツ味のほか、梅味もどちらもおいしい。

BEST2

RECOMMEND

若林 水
アートスポーツODBOX本店

海外を中心に有名トレイルランナーが使っているパッチ。自分の熱を再利用するところや体のツボに貼るという、今までとは少し違った考えの面白い商品。レースで使用しましたが、足裏の安心感は抜群です。

斎藤勇一
さかいやスポーツ シューズ館

天然金属酸化物をベースに構成された特殊被膜を使用し、人体反射を行うことで体調不全を改善する新アイテム。ヨーロッパではキリアン・ジョルネはじめ、数多くのトップアスリートが使用して評価も高い。

BEST3

RECOMMEND

宮部慎也
さかいやスポーツ ウェア館

レース前後の調整や弱った内蔵のリカバリー、レース中のコンディションキープに欠かせないアイテム。ロングレース後半に起こる胃のムカムカ感を抑えてくれるので個人的に重宝しています。飲み易く、携帯し易いのも◎。

都倉翔太
アートスポーツ渋谷店

いまやトレラン界では定番となりつつあるアイテムで、自然由来の成分で内蔵の疲労を取り除きベストコンディションに導いてくれる。トレランのときだけの摂取ではなく、普段から摂取することで日々の疲れも軽減してくれる。飲み会前・後に摂ることで翌日の二日酔いにも効果抜群。

イチ押し

THE BEST RECOMMENDED

河合信太郎
スポーツショップアラジン静岡店 店長

最近では珍しい重量級のシューズですが、走りやすく、リピーターも多いシューズです。ヒールのフィット感の良さ、足の甲をシッカリ締めるアッパーとアップダウンのきつい静岡の山にぴったりなシューズです。2014TJARを制したシューズであることもポイント。

礒村真介
トレイルランナー ライター

どちらかというとミニマルな靴を得意としていた同ブランドが、初めて本腰を入れたウルトラ向けモデル。ナチュラルランのための重心バランスはそのまま、足の保護力がアップした。ロングレースのみならず、初中級者の普段シューズとして「楽しく、快適に」走れます。

若林 水
アートスポーツODBOX本店

フィッティングが最高で、ソールもグリップもしっかりしているのでロングトレイルでも対応できる優れもの。とにかく下りを楽しみたい僕のスタイルにぴったりで、思い切った走りができ、信越五岳などでも非常に調子が良かったです。

千田 誠(ランブラー)
トレイルラン・ギア・アナリスト

荷物が軽い時は「何も背負っていないのでは?」と思えるほど、肩への加重分散が上手いのが素晴らしい。荷室の容量は長距離レースには申し分無く、ハイドレーション、ボトルどちらでも選択できる柔軟性が良い。日本限定発売の山本健一モデルはサイドポケットジップの向きが変更されていておすすめ。

奥野博士
信州トレイルマウンテン

このモデルはとにかくシンプルで軽い。複雑なパックが多いなか、シンプルで軽いものはやっぱり使いやすい。レースはもちろん、“ちょこっとトレラン”でも気楽に背負って使えるのが便利です。

若林 水
アートスポーツODBOX本店

超軽量ザック。背負うというよりも身に纏うというほうが近いような極上のフィッティング。フロントには付属の600mlソフトフラスクがあり、ホース付なので取り出さずに補給ができる。2サイズ展開で女性にもおすすめ。

河合信太郎
スポーツショップアラジン静岡店 店長

ペツルの定番ライトが復刻し、パワーアップしてくれました。長時間使用でき、予備電池のことを考えると、普通の登山にも使いやすいと思います。光を拡散させたときの切り替え方法にアナログ感があり、疲れているときでも楽です。

南 洋行
トレイルランシューズ・アナリスト

気に入っているのは抜群の装着感と必要にして十分な光量。まずメカが凄いのは言うに及ばず、バッテリーとランプ部が前後に分かれているため装着時のバランスがよく、ゼファーバンドによってアクティブな動きの中でもブレない。ライトのON/OFFがダイヤル式でグローブをしていてもストレスなく操作できるのもいい。

礒村真介
トレイルランナー ライター

世界のセイコー/エプソンが本気で開発したGPSウォッチ。GPSの精度が高く、現在地の標高がかなり正確に計測できる。また省エネも進んでおり、フル充電での動作時間は46時間。これ、UTMFの制限時間が基準です。開発者、相当の山好きのようです。

奥野博士
信州トレイルマウンテン オーナー

ニューモデルではありませんが、今年もこのモデルの評判は一番良かった。折り畳みタイプでは最軽量で、価格が1万円以下(2本)とリーズナブル。修理パーツも安いので一番コスパの高いポールです。

斎藤勇一
さかいやスポーツ シューズ館

長丁場のレースに欠かす事のできないギアとしてトレイルラン専用ポールがありますが、このカーボンポールは軽さだけではなく、スウイングウエイトを重視し、実重以上に軽く、手首の負担を軽減してくれます。その上、継ぎ目を感じにくい一体感は他ブランドでは味わえない仕上げです。

齊藤 健
カモシカスポーツ山の店・横浜店

どこのメーカーも考えつかなかった、超広角の照射範囲をもつヘッドライト。足元周辺を広く照らしてくれるので、夜間に走るのにも歩くのにも活躍してくれます。別体の電池ボックスの赤色LEDも便利な機能です。

奥野博士
信州トレイルマウンテン オーナー

2014年リリースだが2015年から本格販売に。ゴア・ウインドストッパーにシームシーリング加工もされた超軽量レインウェア。上下で手の平サイズに収まる徹底的な軽量化とウインドストッパーならではの蒸れにくさ、快適性があり、荷物として携行しても、着用しても使いやすいモデル。

河合信太郎
スポーツショップアラジン静岡店 店長

ド定番のスキンメッシュのシルエットが、やや細身になってフィット感が良くなりました。今までの丸首タイプは首元の苦しさが気になっていましたが、Vネックにしたことでそれも解消された。

宮部慎也
さかいやスポーツ ウェア館

トリプルエアガイドというエアチャンネルが靴内の空気を循環してくれつつ、ソックスの厚すぎないボリュームが靴との一体感を生み、履き心地をさらにサポート。このソックスにしてから靴ズレしません!

中込真太郎
アウティングプロダクツELK ストアマネージャー

汗を大量にかいたとき、電解質を即座に補うことができる補給食。足が攣りそうなときに飲むと効果てき面。従来からあったタブレットの微炭酸タイプからリニューアルして、1個包装になったのでレースにも携行しやすくなりました。

若林 水
アートスポーツODBOX本店

薄いレモン味の電解質サプリ。水に溶かしてもあまり味がしなくて、ゴクゴク飲めるので特に暑い時期のトレイル・ロングトレイルにおすすめ。信越五岳で使用しましたが、足攣りは一度もおきずに完走することができました。

齊藤 健
カモシカスポーツ山の店・横浜店

本体・ポール・スタッフバッグ込みで重量710グラム、二人で寝ることができるシングルウォールタイプのシェルター。ツエルトと違いバスタブタイプとなっているため雨天時でも安心して使用できます! 天候の悪かった今年のOMMでも活躍してくれました。

武内幸雄
アートスポーツODBOX本店

パックにセットするハイドレーションは確かに水分補給には便利だが、準備とメンテナンスがやや面倒というデメリットもある。面倒くさがりな自分には、シンプルハイドレーションの方が好みに合う。その名の通り非常にシンプルな造りで洗浄も簡単。ランショーツの腰にサクッと差すだけで安定し、驚くほど揺れない。給水も非常に楽。トレイルのみならず、ちょっと長い距離を走ろうかな、というロードラン時にも活躍します。

ページのトップへ戻る