トップページ > トピックス&ニュース > 南米チリで『2012パタゴニアン・エクスペディション・レース』14日開幕

トピックス&ニュース | トレランに関する最新のトピックス&ニュースを紹介します。

2012/02/10

南米チリで『2012パタゴニアン・エクスペディション・レース』14日開幕

2月14日~22日南米チリで
『2012パタゴニアン・エクスペディション・レース』開催
田中正人リーダー率いる日本チーム参戦


今年もまた、『パタゴニアン・エクスペディション・レース』の季節がやってきました。今大会は10回目を迎える記念大会です。
南米チリ・パタゴニアの壮大な大自然を舞台に、来週2月14日より8日間にかけて(~22日)開催されます。昨年に続き日本からは『チームイーストウィンド』が参戦します。今年もチームイーストウィンドはアドベンチャーレースの第一人者・田中正人をキャプテンとし、田中陽希、倉田文裕、和木香織利の4名で臨みます。昨年レース途中で胸の骨を骨折しながら最後までレースを諦めず完走を果たした紅一点の和木選手にとり、今年のレースに賭ける思いは強いのではないでしょうか。3年目の挑戦となるチームの今大会の目標は表彰台(3位以内)です。大会ホームページで戦況がレポートされます。日本チームの活躍を期待しましょう。

【パタゴニアン・エクスペディション・ゲームとは】
パタゴニアはポルトガル人探検家マゼランが命名した南米大陸南端を流れるコロラド川以南のチリとアルゼンチンにまたがる大地。国境に南北に連なるアンデス山脈を境にチリ側は氷河やフィヨルドが続き、アルゼンチン側は草原、砂漠が広がる対象的な環境。さらに年間を通じて風が強いのが特徴。多数の国立公園が点在、世界自然遺産にも選定され、固有の動植物を含む地球に残された希有のネイチャーフィールド。
『パタゴニア・エクスペディションゲーム』はチリの地質学者ステファン・パビックの呼びかけによって2004年に始まったアドベンチャーレースで毎年1度夏に開催される。男女を含む4名により、パタゴニアの山岳、川、海を含む全長約700kmを超えるトレイル、海路を最大8日間かけて完走する国際的なレースだ。
種目はトレッキング、マウンテンバイク、シーカヤック、ロープアクティビティ。全コースでナビゲーションスキルが求められ、リタイア時以外GPSの使用は認められない。行程中は常に4人で行動、ゴールすることが義務付けられている。優勝チームには名誉のみ、賞金はない。ただし挑戦した全てのチームメンバーはパタゴニアの自然を享受し、冒険レースの中から勝ち負けだけではない多くのものを体得する。メインスポンサーはスイスのアウトドアプロダクツ・メーカーwenger社。

img765.jpg
img767.jpg


IMGP2739.JPG
チームイーストウィンド、左から田中陽希、和木香織利、倉田文裕
1月19日壮行記者会見より

大会に向け準備するチームの動向はチームブログにて。
チームイーストウィンドブログ
http://east-wind.seesaa.net/

レースの経過は公式サイトで報告される予定です。
『パタゴニア・エクスペディションレース』公式サイト
http://www.patagonianexpeditionrace.com/index.php

ページのトップへ戻る